スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Python】複数のExcelファイルをPDFファイルに変換する方法

デジタルをイメージしたイラスト(灰)Python

「ExcelファイルをPDFファイルとして出力する方法は知ってます。でも、いちいち1ファイルずつ出力するのは面倒なんです。」

「できるなら、無料で出来る方法はありませんか?」

上記の疑問にお答えします。

Pythonのライブラリ「xlwings」を使用すれば、複数のExcelファイルをPDFファイルに変換することができます。この記事では、以下について順番に説明します。

  • 複数のExcelファイルをPDFファイルに変換する手順と概要
  • 複数のExcelファイルをPDFファイルに変換するための準備
  • ソースコードの提示&解説

 

この記事を書いている私ですが、プログラミング歴は約5年です。

今でもPythonやWeb系のプログラミングを勉強しつつ、プログラミングスキルを活かして仕事の効率化を図ったり、ゲームをつくったりしています。

Excelのエクスポート機能をつかえば、PDFファイルに変換できますが、複数のファイルが対象となると繰り返し作業が大変ですよね。でも、提示したソースコードのコピペ&実行で、簡単に複数のExcelファイルをPDFファイルに変換することができるようになります。

複数ファイルの変換を無料でできるツールは、あまりないと思うので、この記事を参考にして、職場などで活用してみてください。

 

 

1.複数のExcelファイルをPDFファイルに変換する手順と概要

まず、どのようにExcelファイルをPDFファイルに変換するか説明します。

変換に必要なステップは次のとおりです。

  1. Pythonをインストールする。
  2. プログラムを実行するフォルダに以下を置く。
    ・実行するPythonのソースファイル
    ・変換対象のExcelファイル
  3. プログラムを実行する。

 

プログラムの概要ですが、ざっくりと次のようなことをしています。(詳細は後述)

  1. フォルダ内のExcelファイルを探す。
  2. ExcelファイルをPDFファイルに変換する。
  3. 2をファイル数の分だけ繰り返す。

 

この記事ではイメージがしやすいように、請求書の置き換えを例にして話を進めます。

変換前のExcelファイルたちが、

指定したフォルダ上でPDFファイルに変換されます。(ここでは「PDF_Files」を指定。)

 

2.複数のExcelファイルをPDFファイルに変換するための準備

プログラミング言語は、Pythonを使用します。

Pythonの準備がまだの方は、以下の記事を参考に環境構築をしてみてください。(記事の序盤でインストール手順が記載されています。)

競馬予想のためのWebスクレイピング入門
競馬予想に役立つWebスクレイピングの始め方・やり方を解説します。Pythonの準備からWebスクレイピングの手順まで、この記事を読めば実践することができます。

 

変換には、Pythonのライブラリ「xlswings」を使用します。

Pythonの環境構築が済んでいる方は、「xlswings」をインストールします。コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを入力後にEnterキーを押下してください。

「Successfully installed ~」が表示されればインストールは成功です。

py –m pip install xlswings

 

・xlswingsとは

xlswingsはExcelを直接操作するPythonのライブラリのひとつです。

Excelを操作するライブラリは、openpyxlなどがあるのですが、調べた感触だとopenpyxlはPDF変換には向いていないようなので、xlswingsを選択しています。

xlswingsは使用するにあたって以下の条件があります。

  • Excelがインストールされている必要がある。
  • 動作するOSはWindowsとMacのみ。

Excelアプリケーションを直接使用しているので、今回のプログラムを実行するとExcelを起動したり、ファイルを開いたりしますが、そういうものなので気にせず実行してください。

変換はExcelの印刷範囲設定に従い行われます。
なので、事前にExcel側の印刷プレビューなど印刷範囲を確認し調整しておきましょう。

 

3.ソースコードの提示&解説

最後に、ソースコードの全文と解説です。

 

・全文と解説

import glob, xlwings as xw

excel_files = glob.glob("*.xlsx") #excelファイルをすべて取得
savefile_path = "C:/git-local/PDF_Files/" #出力先のパスを設定

App = xw.App() #単一のアプリ実行環境管理

#ExcelファイルをPDFファイルに変換
for i in excel_files:
filename = i.replace(".xlsx", ".pdf")
wb = xw.Book(i)
wb.to_pdf(path= savefile_path + filename, include=None, exclude=None, exclude_start_string='#', show=False)
wb.close()

App.quit() #アプリ実行環境を終了

 

1行目で、ファイルパスやファイル名を取得するために「glob」を、Excel操作するために「xlwings」をインポートしています。

3行目で、プログラム実行するフォルダ内のExcelファイルを取得しています。

4行目で、PDFファイルの出力先のパス指定をしています。今回はプログラム実行するフォルダ内に「PDF_Files」をつくり、そこを指定しています。この部分はご自身の環境に合わせてアレンジしてください。

6、15行目で単一アプリの実行環境の設定と終了をしています。

9~13行目で、ファイル数の数だけ、ExcelファイルをPDFファイルに変換しています。

12行目の補足ですが、それぞれのパラメータには次のような意味があります。

パラメータ説明
pathPDFファイルの出力先。“None”で指定しない場合は、Excelファイルと同じファイル名、ファイルパスになる。
includePDFファイルに変換するシートの指定。“None”で指定しない場合は、すべてのシートを同一PDFファイルとして出力。シート番号(1からカウント)とシート名で指定できる。
exclude変換を除外するシートの指定。“None”で指定しない場合は、除外なしで出力する。シート番号(1からカウント)とシート名で指定できる。
exclude_start_string除外するシートの先頭の文字列を指定。指定した文字列を先頭に持つシートは変換されない。デフォルトは“#”を設定。
show変換後にPDFファイルを非表示/表示するかの設定。“False”は非表示。

 

解説は以上です。

 

4.まとめ

以上、複数のExcelファイルをPDFファイルに変換する方法でした。

ソースコードはあまり複雑ではないので、理解しやすいかと思います。手間も少なく簡単に変換することができるので、この記事を参考にしつつ、実際にやってみてください。

 

興味のある方は、次の記事をご覧ください。

【Python】複数のPDFファイルをExcelファイルに変換する方法
Pythonを使用して、PDFファイルから必要なデータを抽出し、Excelファイルに転記する方法を解説しています。複数のPDFファイルをExcelファイルに変換することは困難ですが、必要なデータを抜き出し転記することは可能です。そのソースコードを公開&解説しています。
【Python】複数のPDFファイルをWordファイルに変換する方法
Pythonのpdf2docxライブラリを使って複数のPDFファイルをWordファイルに変換する方法を解説しています。この記事を読めば、簡単にたくさんのPDFファイルをWordファイルに変換することができます。

 

ご清聴ありがとうございました。