スポンサーリンク
スポンサーリンク

Python3のインストール方法【導入は10分で完了!】

ノートパソコン開発環境

「Pythonを使ってみようかと思います。自分のPCに環境を構築したいので、インストールする方法を教えてください。」

こちらのご要望にお答えします。

Pythonをインストールする手順と注意すべき点を説明します。環境構築の流れは次のとおりです。

  • Pythonインストーラーのダウンロード
  • Pythonのインストール
  • インストール後の動作確認

 

この記事を書いている私ですが、プログラミング歴は約5年です。

今でもPythonやWeb系のプログラミングを勉強しつつ、プログラミングスキルを活かして仕事の効率化を図ったり、ゲームをつくったりしています。

何ごとも環境を整えるのは手間がかかりますが、この記事に沿って手を動かしてもらえば、時間をかけずに環境構築することができます。なので、これから説明することを参考にしつつ、実際にやってみてください。

 

 

手順1.Pythonのダウンロード

インストール方法は、Windows10を前提に話を進めていきます。

以下にアクセスし、ご自身のPCにインストーラーをダウンロードしましょう。

Pythonのダウンロードページ(Windows版)

Python Releases for Windows
The official home of the Python Programming Language

 

画面左にバージョン表記がされたリンクがあるのでクリックします。

※2022年5月時点で最新は3.10.4

 

クリックすると画面下部に「Files」が表示されていると思います。

Windows10(64bit)の場合、「Windows installer (64-bit)」をクリックして、ダウンロードします。

 

※最近購入されたPCのほとんどはWindows10(64bit)だと思いますが、念のため次の方法で確認してください。「32ビット」と表記されている場合は、「Windows installer (32-bit)」を選択しましょう。

確認方法
[スタート]‐[設定]‐[システム]‐[詳細情報]‐[デバイスの仕様]‐[システムの種類]

 

手順2.Pythonのインストール

ダウンロード先を確認してください。

インストーラーがあると思いますので、実行しましょう。

 

次のような画面が表示されるので、「Add Python 3.x to PATH」にチェックを入れ、「Install Now」を選択します。

インストールを道なりに進めます。

「Setup was successful」と画面が表示されれば、インストールは完了です。

 

・【補足】環境変数のPATH設定について

なぜ「Add Python 3.x to PATH」にチェックを入れるかというと、python.exeをフルパスで指定せずに実行できるようにするためです。これを俗に「PATH(パス)を通す」といったりします。あまり気にせずチェックを入れ、インストールを済ませてもらってOKなのですが、気になる方のために説明します。

 

・環境変数とは

ざっくりいうと、環境変数とはOSが管理している変数です。

複数のソフトウェアが共用するためにあります。

Windows10の場合だと、[スタート]‐[設定]‐[システム]‐[システムの詳細設定]‐[環境変数]で確認できます。

 

・PATH(パス)を通すとは

「PATH」は、環境変数のひとつです。

環境変数の「PATH」には、ユーザーごとに個別管理する「ユーザー環境変数」とシステムが管理する「システム環境変数」があり、それぞれ複数のディレクトリパスが管理されています。

環境変数の「PATH」が何のためにあるかというと、実行ファイルのフルパスを打ち込む手間を省くためにあります。

今回の場合は、インストールの過程で指定した場所にpython.exeが置かれていますが、python.exeのフルパスをあらかじめ「PATH」に登録することで、python.exeを記述するだけで実行することができるようになります。このことを「PATH(パス)を通す」といいます。

インストール手順にあった「Add Python 3.x to PATH」は、チェックをいれることで、システム変数の「PATH」にpython.exeのフルパスを自動で登録する。という意味になります。

 

・インストール後の動作確認

インストールが完了したら、正常にインストールできたか確認しましょう。

Windowsキー+Rを押下し、「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを起動します。

 

コマンドプロンプトを起動したら、「py –version」を入力(pyの後ろは半角スペースがあります。)しEnterキーを押下します。

コマンドプロンプト上に、「Python 3.10.4」とバージョンが表示されれば、インストール成功です。

 

 

まとめ

以上、Pythonのインストール手順の説明でした。

途中、環境変数のPATH設定についても簡単に説明しましたが、Pythonだけでなく他のプログラミング言語を扱う場合など、必要な知識ですので一緒に押さえておきましょう。

手順自体は難しくないので、皆さんもこの記事を参考にぜひインストールしてみてください。

 

もし、Pythonで何かやってみたいなと思ったら、次の記事が参考になると思います。

興味があればご覧ください。

競馬予想のためのWebスクレイピング入門
競馬予想に役立つWebスクレイピングの始め方・やり方を解説します。Pythonの準備からWebスクレイピングの手順まで、この記事を読めば実践することができます。
競馬予想のためのPandas入門【CSV出力まで解説・実例あり】
Pythonのライブラリ「Pandas」を使ったWebスクレイピングの方法を解説。この記事を読めばPandasを使った実践的なWebスクレイピングができるようになります。

 

ご清聴ありがとうございました。