競馬を「考える」ブログ

【天皇賞(秋)など】10/27・28の結果

 

こんにちは、たいらーです。@umanoie2017

10/27~28の結果です。

 

 

 

1. 収支

10月の収支

 

 

2. 結果

アルテミスS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム
1 2 3 シェーングランツ 牝2 54.0 武豊 1:33.7
2 6 11 ビーチサンバ 牝2 54.0 藤岡康太 1:33.8
3 5 8 エールヴォア 牝2 54.0 浜中俊 1:34.0
4 8 14 ウインゼノビア 牝2 54.0 松岡正海 1:34.2
5 1 1 トスアップ 牝2 54.0 藤岡佑介 1:34.2
6 6 10 サムシングジャスト 牝2 54.0 武藤雅 1:34.3
7 5 9 アフランシール 牝2 54.0 岩田康誠 1:34.4
8 3 5 ミディオーサ 牝2 54.0 Jモレイ 1:34.6
9 8 15 ライデンシャフト 牝2 54.0 内田博幸 1:34.6
10 4 6 レディードリー 牝2 54.0 三浦皇成 1:34.6
11 2 2 グレイシア 牝2 54.0 田辺裕信 1:34.6
12 4 7 キタイ 牝2 54.0 大野拓弥 1:35.0
13 7 12 アズマヘリテージ 牝2 54.0 荻野極 1:35.2
14 7 13 ヘリンヌリング 牝2 54.0 柴田大知 1:35.6
15 3 4 ブラックダンサー 牝2 54.0 石川裕紀 1:35.7
単勝 3 1,360円 馬単 3-11 11,760円
複勝 3 360円 ワイド 3-11 1,940円
11 270円 3-8 1,170円
8 180円 8-11 730円
枠連 2-6 1,300円 3連複 3-8-11 7,640円
馬連 3-11 5,420円 3連単 3-11-8 64,280円


買い目

3連複1頭軸流し:⑭-①②⑤⑪⑫ 各100円
複勝:⑫ 1,000円

計:2,000円

⇒ ハズレ

 

ペースが少し速かったようですが、先行して馬群に沈んだグレイシアには正直がっかり。もしかしたら新馬戦のように行き切ったほうが良かったのかもしれません。

勝ったシェーングランツは良血馬らしく見事な末脚を見せてくれました。父がディープインパクトに変わってソウルスターリングに比べて瞬発力がありそうですし、まだ奥もありそう。阪神JFではこの馬も人気するでしょう。

 

 

スワンS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム
1 7 8 ロードクエスト 牡5 56.0 Mデムー 1:21.5
2 8 10 (外)モズアスコット 牡4 58.0 Cルメー 1:21.5
3 5 5 グァンチャーレ 牡6 56.0 古川吉洋 1:21.6
4 3 3 ベステンダンク 牡6 56.0 川田将雅 1:21.6
5 8 11 コウエイタケル 牡7 56.0 小牧太 1:22.2
6 4 4 デアレガーロ 牝4 54.0 福永祐一 1:22.2
7 6 6 レーヌミノル 牝4 54.0 和田竜二 1:22.2
8 6 7 キングハート 牡5 56.0 小崎綾也 1:22.5
9 1 1 ドルチャーリオ 牡5 56.0 池添謙一 1:22.8
10 2 2 サフランハート 牡5 56.0 幸英明 1:22.8
11 7 9 (地)ヒルノデイバロー 牡7 56.0 四位洋文 1:22.9
単勝 8 560円 馬単 8-10 1,090円
複勝 8 130円 ワイド 8-10 180円
10 110円 5-8 1,210円
5 300円 5-10 480円
枠連 7-8 280円 3連複 5-8-10 1,760円
馬連 8-10 320円 3連単 8-10-5 9,820円


買い目

馬連・ワイド:⑦-⑩ 各500円
3連複2頭軸流し:⑦-⑩-①③④ 各200円

計:1,600円

⇒ ハズレ

 

多少、ペースが流れたところを後方から一気に突き抜けたロードクエストが勝利。惜敗にピリオドです。昨年のマイルCSでは最後にいい脚は見せていたので、この上昇ムードに乗りたいところですが、夏場からの連戦がどうるか少しきになるところです。モズアスコットは、位置どりはまだ良かったですが、久々の分反応が鈍かった印象です。それでもハナ差の2着ですから次走は決めてくれるのでは。

 

 

天皇賞(秋)

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム
1 4 4 レイデオロ 牡4 58.0 Cルメー 1:56.8
2 6 9 サングレーザー 牡4 58.0 Jモレイ 1:57.0
3 7 10 キセキ 牡4 58.0 川田将雅 1:57.0
4 5 7 アルアイン 牡4 58.0 北村友一 1:57.2
5 7 11 ミッキーロケット 牡5 58.0 和田竜二 1:57.2
6 8 12 (地)サクラアンプルール 牡7 58.0 田辺裕信 1:57.6
7 5 6 マカヒキ 牡5 58.0 武豊 1:57.7
8 3 3 ヴィブロス 牝5 56.0 福永祐一 1:57.7
9 1 1 ステファノス 牡7 58.0 Cオドノ 1:58.1
10 4 5 スワーヴリチャード 牡4 58.0 Mデムー 1:58.3
11 8 13 アクションスター 牡8 58.0 大野拓弥 1:59.7
12 2 2 ブラックムーン 牡6 58.0 横山典弘 2:00.1
除外 6 8 ダンビュライト 牡4 58.0 戸崎圭太
単勝 4 310円 馬単 4-9 2,370円
複勝 4 150円 ワイド 4-9 640円
9 310円 4-10 690円
10 300円 9-10 1,630円
枠連 4-6 720円 3連複 4-9-10 6,420円
馬連 4-9 1,520円 3連単 4-9-10 24,230円


買い目

ワイド:①-④⑤ 各2,000円

計:4,000円

⇒ ハズレ

 

レイデオロが勝利し、秋のGⅠはルメール祭り。次走がジャパンCなら鞍上が変わってしますので、ここは本気度が高かったのでしょう。スローの瞬発力勝負になりましたが、最速上がりを使ったサングレーザーが2着だったことを考えると、スピードはもとよりパワーや持久力が求められる馬場になってきたように思います。

人気のスワーヴリチャードは、スタート直後に挟まれて気分を損ねてしまい10着と惨敗。問題はこれをどう処理するかで、消耗も少なく人気が下がることを想定して買いなのか、気性的に問題があるとしてジャパンCでは買わないのか。中間の気配次第ではありますが、非常に買いにくい馬になってしまいました。

 

 

 

3. 次の重賞

今年はJBCの3競争が京都で開催。土日の予想はてんてこ舞いです。

JBCについては、比較する過去データが参考にならないので分析はお休みさせて頂く予定ですが、コース適正を中心に出走馬を見ていければと考えています。

アルゼンチン共和国杯は、その後のGⅠ戦線で活躍する馬を多く輩出しているレースでもあるので楽しみ。メンバー的には4歳のヘリファルテやムイトオブリガードの2頭に注目していますが、12冠ベイビーのジナンボーも登録しているので、出走が叶えば再度、話題を呼びそうです。

 

<主な重賞>

・ファンタジーS(GⅢ)

・京王杯2歳S(GⅡ)

・アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

・JBCスプリント(GⅠ)

・JBCクラシック(GⅠ)

・JBCレディース(GⅠ)

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.