スポンサーリンク

【2018/1/16】京成杯(GⅢ) 結果

レース結果 レース回顧
スポンサーリンク

京成杯の結果とデータを振り返りかえっていきます。

 

 

 

1. 結果

 

馬番馬名性齢斤量騎手タイム
1815ジェネラーレウーノ牡356.0 田辺裕信2:01.2
358コズミックフォース牡356.0 戸崎圭太2:01.3
311 イェッツト牡356.0 蛯名正義2:01.4
4611ライトカラカゼ牡356.0大野拓弥2:01.6
559 サクステッド牡356.0 吉田隼人2:01.6
634 ロジティナ牡356.0内田博幸2:01.8
758(地)ダブルシャープ牡356.0 田中勝春2:01.9
 846スラッシュメタル牡356.0 柴山雄一2:01.9
 9712タイキフェルヴール牡356.0北村宏司2:01.9
1047エイムアンドエンド牡356.0 三浦皇成2:02.2
 1122コスモイグナーツ牡356.0柴田大知2:02.3
 1223ヤマノグラップル牡356.0 柴田善臣2:02.8
△ 13610(外)デルタバローズ牡356.0 石橋脩2:02.9
 14814ジョリルミエール牝354.0木幡初也2:03.0
 15713ギャンブラー牡356.0 津村明秀2:04.1

 

単勝15350円馬単15-51,510円
複勝15150円ワイド5-15310円
5150円1-151,030円
1320円1-5830円
枠連3-8640円3連複7-8-103,130円
馬連5-15780円3連単10-8-712,290円

 

 

2. 収支

 

買い目

単勝:⑤ 1000円
ワイド:④-⑤ 500円
⇒ハズレ

 

軍資金:8,500円
支出:1,500円
収入:0円

残金:7,000円

 

 

3. データの振り返り

 

3-1. 人気・配当

京成杯2017 過去

1番人気 3-3-1-3/10
2番人気 3-0-2-5/10
3番人気 1-1-1-7/10
4番人気 0-0-2-8/10
5番人気 2-2-0-6/10
6番人気 0-0-1-9/10
7番人気 1-2-1-6/10
8番人気 0-1-0-9/10
9番人気 0-0-1-9/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-1-0-9/10
13番人気 0-0-1-8/9
14番人気 0-0-0-7/7
15番人気 0-0-0-7/7
16番人気 0-0-0-5/5
17番人気 0-0-0-1/1

 

1着と2着が1番人気、2番人気と今年は順当な結果になりました。

昨年から、ホープフルSがGⅠとなったので、こちらはメンバーが手薄になっていきそうです。

2歳の実績も重要ですが、今後は1勝馬が馬券に絡む機会が増えそうな予感です。

 

 

3-2. 前走距離・レース

 

2000m 7-6-7-63-83
1800m 2-3-2-32-39
1700m 0-0-1-1-2
1600m 1-1-0-23-25

 

馬券に絡んだ3頭は、いづれも1800m以上の経験がある馬でした。

このデータは信頼して良さそうです。

 

 

3-3. タイム差

 

●過去の敗戦時における優勝馬との最大タイム差別成績(過去10年)
0秒2以内 3-1-1-19
0秒3~0秒5 5-3-1-12
0秒6~0秒9 1-2-2-30
1秒以上 1-3-3-40
敗戦なし 0-1-3-18

 

ジェネラーレウーノ 0秒3

コズミックフォース 0秒8

イェッツト 敗戦なし

 

今回の結果からは、このデータはなんとも言えませんね。

勝ちあがりが遅く、大敗の経験がある場合に、割り引き材料として使うくらいが良いでしょう。

 

 

3-4. 枠番

 

1枠 1-0-2-12/15
2枠 0-2-1-14/17
3枠 1-1-2-13/17
4枠 1-2-1-15/19
5枠 3-1-0-16/20
6枠 2-1-2-15/20
7枠 0-0-1-19/20
8枠 2-3-1-15/21

 

枠の有利不利は、あまり感じられませんでした。

今回勝ったジェネラーレウーノは、8枠だったので外の方が立ち回りやすいのかもしれません。

依然とし7枠が振わないのは、気になりますが。

 

 

4. まとめ

 

ホープフルSのGⅠ昇格後、傾向は変わってきそうですが、「前走距離・レース」のデータは信頼できそうです。

 

早い時期から能力を示してきた馬や、ポテンシャルが高そうな馬が馬券の中心になる傾向が高く、あまり振り回すのは得策ではないレースです。