スポンサーリンク

【中山記念】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

中山記念の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ディアドラ
2ステルヴィオ
3スワーヴリチャード
4ラッキーライラック
5ウインブライト
6エポカドーロ
7マルターズアポジー
8トータルソッカー
9シベリアンスパーブ
10ハッピーグリン
11マイネルサージュ
12フィールドシャルム
13トルークマクト

 

◆クラス成績

順位馬名
1ラッキーライラック
2ステルヴィオ
3スワーヴリチャード
4エポカドーロ
5ディアドラ
6ウインブライト
7ハッピーグリン
8マイネルサージュ
9トータルソッカー
10フィールドシャルム
11シベリアンスパーブ
12マルターズアポジー
13トルークマクト

 

◆近走成績

順位馬名
1ラッキーライラック
2スワーヴリチャード
3トータルソッカー
4エポカドーロ
5ディアドラ
6ステルヴィオ
7ウインブライト
8マイネルサージュ
9ハッピーグリン
10シベリアンスパーブ
11フィールドシャルム
12マルターズアポジー
13トルークマクト

 

 

 

2.総評

半数以上が重賞勝ち馬で、内5頭がGⅠ馬とGⅡとは思えぬ顔ぶれです。それでも今年緒戦の馬も多く、過去の結果を見てみても紛れのある一戦で、実績馬といえども体調は良くチェックしたほうがいいでしょう。

牝馬ながらドバイターフ3着に香港カップ2着のあるディアドラは、総合力で一番手の評価です。どちらかといえば叩き良化型のイメージがありますが、昨年はクイーンSや府中牝馬Sを休み明けで勝っているので、いきなりでも好走する確率は高そうです。ドバイ遠征を睨んでいるだけにメイチではなくても、恥ずかしい競馬はさせないでしょうし、一昨年の紫苑Sで見せたパフォーマンスを考えれば中山から始動というのも勝ちを意識してのものと思われます。

ドバイ遠征でいえばスワーヴリチャードも、目標は先でも昨年の秋の活躍は不本意だったったので、ここは結果が要求されそうです。ジャパンCでは3着を確保したものの、ライバル馬には水をあけられたので、力のあるところを見せてほしい。

中山コースの実績もあるステルヴィオエポカドーロウインブライトも虎視眈々とチャンスを伺っていますが、個人的にはラッキーライラックが気になっています。すっかりアーモンドアイに話題をさらわれてしまいましたが、阪神JF勝ちが示すように力はあるはず。古馬&牡馬相手と壁は厚くなりますが、最近の走りや脚質的にコーナー4つのコースの方がよさそうで、ここでどのような走りを見せてくれるのか楽しみではあります。

 

 

3.おまけ

2/23(土)のアクアマリンSと仁川Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

2/23 中山11R アクアマリンS

最強競馬ブログランキングへ

 

2/23 阪神11R 仁川S

中央競馬ランキング