スポンサーリンク

【ダイヤモンドS】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ダイヤモンドSの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ソールインパクト
2ユーキャンスマル
3グローブシアター
4サンデームーティエ
5ララエクラテール
6カフェブリッツ
7ルミナスウォーリア
8シホウ
9ピッツバーグ
10ウインテンダネス
11サイモンラムセス
12ブライトバローズ

 

◆クラス成績

順位馬名
1ユーキャンスマル
2グローブシアター
3ソールインパクト
4ルミナスウォーリア
5サンデームーティエ
6ララエクラテール
7ウインテンダネス
8カフェブリッツ
9シホウ
10ピッツバーグ
11サイモンラムセス
12ブライトバローズ

 

◆近走成績

順位馬名
1グローブシアター
2ユーキャンスマル
3サンデームーティエ
4ララエクラテール
5ウインテンダネス
6ピッツバーグ
7カフェブリッツ
8サイモンラムセス
9ソールインパクト
10ルミナスウォーリア
11ブライトバローズ
12シホウ

 

 

2.総評

登録数も少なくメンバーのなかに生粋のステイヤーが見当たりませんが、過去実績でソールインパクト、近走の成績でユーキャンスマイルが高評価になっています。

ソールインパクトは、過去実績といっても昨年のこのレースで3着したくらいで、それ以降は成績がパッとしません。メンバーレベルは昨年より楽な印象がありますが、馬券になるかはハンデ次第な気がしています。

一方でユーキャンスマイルは、万葉Sではヴォージュにまんまと逃げられ不満の残る2着でしたが、菊花賞3着の実績と当時の対戦相手の出世ぶりを考えれば、相対的に評価は上に見るしかありません。詰めの甘さはあるので展開面はよくよく考えなければいけませんが、軸としては信頼できるでしょう。

グローブシアターについては、万葉Sを3着しましたが距離延長で新味が出たというよりは京都のような平坦なコースが得意だったという印象が強いです。東京は2戦してどちらも4着どまりなのでコース適性も微妙。

上位3頭に穴がない訳ではないので、目黒記念勝ちのあるウインテンダネスあたりも十分勝算はあるでしょう。