スポンサーリンク

【京都牝馬S】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

京都牝馬Sの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ベルーガ
2アマルフィコースト
3エイシンティンクル
4アルーシャ
5ワントゥワン
6ディメンシオン
7ミスパンテール
8カラクレナイ
9リナーテ
10カイザーバル
11リバティーハイツ
12ロッテンマイヤー
13レーヌミノル
14ライトフェアリー
15デアレガーロ
16コパノディール
17ヤマカツグレース
18オールポッシブル
19ハーレムライン
20クリノファンキー
21キョウワゼノビア

 

◆クラス成績

順位馬名
1アマルフィコースト
2エイシンティンクル
3ベルーガ
4アルーシャ
5ディメンシオン
6ワントゥワン
7リバティーハイツ
8カイザーバル
9リナーテ
10ミスパンテール
11ロッテンマイヤー
12カラクレナイ
13コパノディール
14レーヌミノル
15ライトフェアリー
16デアレガーロ
17ハーレムライン
18クリノファンキー
19キョウワゼノビア
20ヤマカツグレース
21オールポッシブル

 

◆近走成績

順位馬名
1エイシンティンクル
2アルーシャ
3ディメンシオン
4アマルフィコースト
5ベルーガ
6ロッテンマイヤー
7リナーテ
8リバティーハイツ
9ヤマカツグレース
10カイザーバル
11ミスパンテール
12コパノディール
13ワントゥワン
14カラクレナイ
15オールポッシブル
16デアレガーロ
17ライトフェアリー
18キョウワゼノビア
19ハーレムライン
20クリノファンキー
21レーヌミノル

 

 

2.総評

総合上位評価のベルーガアマルフィコーストは、本レースと同じ舞台のファンタジーSで好走している点でポイントが高くなっています。2頭に共通していえることは、怪我などで順調さを欠いたりしたものの、芝1200~1400mを舞台に安定した走りを続けている点で、実績ではミスパンテールが抜けた存在になりますが、この舞台ならチャンスありと見ています。

前出のミスパンテールは、前走のターコイズSで重賞4勝目。昨年はGⅠでは結果を残せませんでしたが、トップハンデを背負って勝ち切ったので引き続き好走してもおかしくないでしょう。昨年の覇者でもあるので、無印にはできそうにありません。

ターコイズSで2着だったリバティハイツは1400mでは3着以下がないので、得意な距離といってよさそうですが前走より1キロ余分に背負うのはマイナス。同じ4歳なら、アルーシャの方がポイントは上。昇級しての重賞挑戦になりますが、クイーンCで3着しているので本来の素質が開花し始めた印象。3連勝の勢いもあるので警戒は必要でしょう。

 

他にもエイシンティンクル、ディメンシオンなどなど楽しみな馬が多いので、そういった意味で人気は割れるのではないでしょうか。