スポンサーリンク

【きさらぎ賞】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

きさらぎ賞の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1アガラス
2ヴァンドギャルド
3ハギノアップロード
4メイショウテンゲン
5ランスオブプラーナ
6タガノディアマンテ
7ダノンチェイサー
8エングレーバー
9コパノマーティン
10マコトジュズマル
11サンアップルトン

 

 

2.総評

昨年の東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬、ニシノデイジーがひとつのものさしになりそう。

ニシノデイジー自身は札幌2歳S勝ちやホープフルS3着と活躍し、札幌2歳Sで負かしたクラージュゲリエが京都2歳Sを勝つなど、レースレベルもそこそこ高いなかで結果を残しています。そう考えると、安直でもアガラスは世代上位の評価を与えても良さそうなもので、実際、総合順位も1位。ニシノデイジーとは東京スポーツ杯2歳Sではハナ差ですが、何度も前が塞がるなかでめげずに伸びてきたので、内容的にはこちらが上な気がします。

同じく東京スポーツ杯2歳Sで3着だったヴァンドギャルドは、前走は勝ち馬が強すぎただけでなく、距離やコースが不向きだった印象。1ハロン短縮で京都なら持ち前の瞬発力が冴えそうな気がします。

高額馬ということで注目を集めているダノンチェイサーは、数字的には他馬と大きく変わらず。この馬が人気するようなら危険な人気馬になりそうです。

基本はアガラスとヴァンドギャルドの2頭が中心ですが、現状ではアガラスを上に取ることになりそうです。

 

 

3.おまけ

納屋橋Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

2/3 中京11R 納屋橋S

中央競馬ランキング