スポンサーリンク

【東京新聞杯】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

東京新聞杯の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1タワーオブロンドン
2ロジクライ
3インディーチャンプ
4テトラドラグマ
5レッドオルガ
6グァンチャーレ
7リライアブルエース
8サトノアレス
9ロードクエスト
10ヤングマンパワー
11ショウナンアンセム
12レイエンダ
13ゴールドサーベラス
14ストーミーシー
15ジャンダルム
16レアリスタ

 

◆近走成績

順位馬名
1インディーチャンプ
2グァンチャーレ
3テトラドラグマ
4レッドオルガ
5ロジクライ
6タワーオブロンドン
7レイエンダ
8ショウナンアンセム
9リライアブルエース
10サトノアレス
11ロードクエスト
12ゴールドサーベラス
13レアリスタ
14ヤングマンパワー
15ストーミーシー
16ジャンダルム

 

◆クラス実績

順位馬名
1タワーオブロンドン
2インディーチャンプ
3ロジクライ
4レイエンダ
5サトノアレス
6グァンチャーレ
7レッドオルガ
8ロードクエスト
9リライアブルエース
10テトラドラグマ
11ヤングマンパワー
12ストーミーシー
13ショウナンアンセム
14ジャンダルム
15ゴールドサーベラス
16レアリスタ

 

2.総評

人気になりそうなレイエンダは微妙な位置にいる一方で、同じ4歳のタワーオブロンドンが総合1位。

2歳の早い時期から活躍し、重賞2勝と明け4歳のなかでも実績は上位。前走のキャピタルSで2着と古馬相手に力負けしていないので、今回も十分期待できるでしょう。ただ、1600mでは詰めが甘くなるので、頭固定は少し心配。

レイエンダは、セントライト記念2着から徐々に距離を詰めて初の芝1600mです。戦績を見た感じだと2000m以下の方が、末脚をうまく活かせるように見え、距離短縮はプラスに働きそう。同じ厩舎で乗り替わりは引っ掛かりますが、新境地を開くか注目です。

勢い一番はインディーチャンプで1000万下、1600万下と連勝中。毎日杯を3着するなど3歳時から素質を買われていた馬で、昇級後に即通用しても驚けません。芝1600mを使って勝ちあがってきているので、適距離。成長と共に他の4歳馬相手にどれだけ差を詰められるか。

 

 

3.おまけ

納屋橋Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

2/3 中京11R 納屋橋S

中央競馬ランキング