スポンサーリンク

【シルクロードS】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

シルクロードSの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ダノンスマッシュ
2ラブカンプー
3ダイメイプリンセス
4エスティタート
5セイウンコウセイ
6アレスバローズ
7ナインテイルズ
8ラインスピリット
9アンヴァル
10カラクレナイ
11ライトフェアリー
12コウエイタケル
13フミノムーン
14ビップライブリー
15キングハート
16コスモドーム
17リョーノテソーロ
18ティーハーフ
19トウショウピスト
20ユキノアイオロス
21ペイシャフェリシタ
22サイタスリーレッド
23ストーミーシー
24ノボバカラ

 

 

◆近走成績

順位馬名
1ラブカンプー
2ダノンスマッシュ
3ダイメイプリンセス
4ナインテイルズ
5ラインスピリット
6サイタスリーレッド
7ライトフェアリー
8エスティタート
9アンヴァル
10ペイシャフェリシタ
11セイウンコウセイ
12アレスバローズ
13コウエイタケル
14カラクレナイ
15リョーノテソーロ
16トウショウピスト
17フミノムーン
18ビップライブリー
19キングハート
20ユキノアイオロス
21ティーハーフ
22コスモドーム
23ストーミーシー
24ノボバカラ

 

 

◆クラス実績

順位馬名
1ダイメイプリンセス
2ダノンスマッシュ
3エスティタート
4ラブカンプー
5アンヴァル
6アレスバローズ
7ナインテイルズ
8セイウンコウセイ
9リョーノテソーロ
10ビップライブリー
11ラインスピリット
12コウエイタケル
13ティーハーフ
14フミノムーン
15ライトフェアリー
16ストーミーシー
17コスモドーム
18カラクレナイ
19キングハート
20サイタスリーレッド
21ノボバカラ
22ペイシャフェリシタ
23ユキノアイオロス
24トウショウピスト

 

 

2.総評

新興勢力のダノンスマッシュとラブカンプーが上位評価。

ダノンスマッシュは、3歳夏からスプリント路線に的を絞ってから能力が開花し、前走は京阪杯を勝利。父ロードカナロアも京阪杯とシルクロードSを連勝し、挑んだ高松宮記念を3着と、4歳になってから本格化し勢いを増していったので、この馬も伸びしろは十分あるでしょう。父の姿を追いかけて着々とGⅠへの階段を上ってほしい。

ラブカンプーは、勝ちこそありませんでしたが、昨年の秋は、持ち前のスピードを活かして重賞で好走を繰り返しました。

ただ、徐々に京都は時計がかかり始めているので、この馬のスピードが活きるか判断するのは馬場状態を確認してからになりそうです。

 

同じく昨年の夏から好調だったのがダイメイプリンセス。京都の芝1200mは初になりますが、重賞勝ちにスプリンターズS4着があるので、力は当然上位。過剰に割り引くこともないでしょう。

 

 

3.おまけ

白富士Sと橿原Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

1/26 東京11R 白富士S

中央競馬ランキング

 

1/26 京都11R 橿原S

最強競馬ブログランキングへ