スポンサーリンク

【東海S】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

東海Sの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

順位馬名
1チュウワウィザード
2ミツバ
3インティ
4スマハマ
5アンジュデジール
6グレンツェント
7タムロミラクル
8クインズサターン
9コスモカナディアン
10マイネルバサラ
11アスカノロマン
12アポロケンタッキー
13メイショウスミトモ
14カゼノコ
15モルトベーネ
16アングライフェン
17サングラス
18サルサディオーネ
19シャイニービーム

 

 

2.総評

年明けからの明け4歳の勢いはしばらく続きそうで、東海Sの注目はチュウワウィザード

まだ3着以下になったことがなく、前走は交流重賞の名古屋GPを勝利。距離も1800m前後を使われており距離も含め、地力は高いでしょう。重箱の隅を突っつくなら中京競馬場での3着ですが、レコード決着を後方から競馬をしてしまったためで、速い上がりは使えているだけに力負けではない。死角は少ないと見ます。

インティは、これまでの過程が圧巻の内容で、3走前の中京のタイムも優秀。ただ、あくまで条件戦での内容であり、相手が強くなる今回は過信は禁物。人気はこちらの方が上まりそうなだけに、少し慎重に考えたいところです。

7歳と年を重ねていますが、ミツバも中央のGⅠ以外ならまだチャンスはありそうで、頭なしで一考。東海Sは以外にも初出走ですが、中京はチャンピオンズCの6着が最高。実績がどこまでものをいうか。