スポンサーリンク

【日経新春杯】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

日経新春杯の登録馬の能力比較です。

 

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

順位馬名
1グローリーヴェイズ
2ムイトオブリガード
3メイショウテッコン
4ルックトゥワイス
5ノーブルマーズ
6シュペルミエール
7ウインテンダネス
8ロードヴァンドール
9ガンコ
10アフリカンゴールド
11ミライヘノツバサ
12ケントオー
13エーティーサンダー
14(外)ダッシングブレイズ
15サラス
16マサハヤドリーム
17アイトーン

 

2.総評

グローリーヴェイズは、昨年の競馬の後半戦を席巻した3歳馬。年が明けて4歳になりますが、東西金杯の結果を見る限り、その勢いは今年も続きそうです。自身は菊花賞5着して力を示した部分はあるものの、この先大きいところを狙うならもう一皮むけたいところです。今後のローテーションも見据えてここは本気度は高いでしょう。

受けて立つのは、ムイトオブリガードになるでしょうか。

前走のアルゼンチン共和国杯は2着と勝ちは逃しましたが、昇級後としては合格点の内容。長距離戦線で活躍してくれそうな馬だけに、ここを勝って天皇賞(春)まで行って欲しい。