スポンサーリンク

【ステイヤーズS】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ステイヤーズSの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アドマイヤエイカン
アルター
アルバート
(地)エリモジパング
カレンラストショー
コウキチョウサン
トウシンモンステラ
ネイチャーレット
マイネルミラノ
(地)マサハヤダイヤ
メドウラーク
モンドインテロ
ララエクラテール
(地)リッジマン
ヴォージュ

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠2-0-2-10/14
2枠1-2-1-13/17
3枠2-0-0-15/17
4枠1-1-2-15/19
5枠2-3-1-13/19
6枠0-1-1-17/19
7枠0-2-3-15/20
8枠2-1-0-17/20

 

・他の枠に比べて6枠の成績が振るわない。

・勝ち馬は比較的、内に偏っているが極端に外が不利という訳ではない。

 

 

2-2. 人気・配当

ステイヤーズSの過去配当

1番人気5-1-1-3/10
2番人気0-2-3-5/10
3番人気1-1-2-6/10
4番人気1-3-1-5/10
5番人気1-0-0-9/10
6番人気1-1-0-8/10
7番人気0-1-1-8/10
8番人気1-0-0-9/10
9番人気0-0-0-10/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気0-0-1-8/9
12番人気0-0-1-8/9
13番人気0-1-0-8/9
14番人気0-0-0-7/7
15番人気0-0-0-7/7
16番人気0-0-0-4/4

 

・過去には3連単で40万馬券が出ているが、近年は堅めの決着が目立つ。

・1番人気の3着内率は70%と信頼はできそう。

 

 

2-3. 前走距離・レース

2500m7-1-6-45/59
2400m2-4-1-17/24
3000m1-1-0-4/6
2000m0-4-2-21/27
1800m0-0-1-5/6
アルゼンチン7-1-6-41/55
京都大賞典1-2-0-4/7
比叡S1-1-1-9/12
菊花賞1-1-0-4/6
アンドロメダ0-2-1-5/8
オクトーバー0-1-0-0/1
アイルランド0-1-0-1/2
ノベンバーS0-1-0-2/3
八坂S0-0-1-0/1
天皇賞(秋)0-0-1-3/4

 

・前走が2000m以下だった馬から勝ち馬はなし。当然、スタミナ重視。

・アルゼンチン共和国杯組が馬券に絡まなかったのは、過去10年で2015年だけ。

 

 

2-4. 年齢

3歳2-2-0-6/10
4歳1-2-4-17/24
5歳3-1-1-29/34
6歳2-2-1-30/35
7歳0-1-1-15/17
8歳1-1-1-9/12
9歳0-1-1-4/6
10歳1-0-0-4/5
11歳0-0-1-1/2

 

・3歳勢は出走頭数の割に好成績。

・若い世代が中心だが、7歳以上でもチャンスのあるレース。

 

 

2-5. 斤量

53.0kg0-0-0-1/1
54.0kg0-0-0-5/5
55.0kg2-2-0-5/9
56.0kg3-5-5-57/70
57.0kg4-3-4-42/53
58.0kg1-0-1-5/7

 

・54kg以下は苦戦。56~57kgの馬が中心。

 

 

3. 総評

今年は3歳、4歳馬の参戦がなく平均年齢は高め。高齢実績馬に対して5歳勢がどこまで太刀打ちできるのかが、予想のポイントの一つになりそう。

5歳勢から上位評価したいのは、リッジマン

今年はダイヤモンドSの2着があり、丹頂S勝ちがあり調子はよさそうで、あとは相手次第。目黒記念では14着と惨敗したが、2500mでも短いのだろう。古馬になってからは2600m以上で結果を残してきているのでスタミナ十分だ。斤量は前走より背負い、有力どころと差がなくなってしまうが57kgまでは背負って勝った実績はあるので力は出せるだろう。

もう一頭、5歳からはヴォージュを推したい。

前走のアルゼンチン共和国杯は、0.5秒差の7着。このレースはペースがスローで完全に切れ負けしたが、今回のメンバーなら通用しそう。2600mより長い距離の経験はないが、誰もいかないなら自ら引っ張る競馬に打って出て前残りを狙えないか。

 

実績最上位はやはりアルバートだが、斤量が57kgになり鞍上にモレイラJを迎えてどこまで立て直せるか。年齢的な衰えは確実にあり、地力で凌いでも頭は無いと考えている。マイネルミラノも似たようなもので、逃げても逃げなくても負けすぎ。一気の距離延長がカンフル剤になるかどうかは疑問。他のメンバーはオープン特別や1600万下で結果を残せていない馬が多く、展開に恵まれなければ厳しいのではないか。長距離での実績と近走の勢いを考慮して予想すれば、今年も順当なのかもしれない。