競馬を「考える」ブログ

【チャレンジC】2018年 過去データ

 

こんにちは。たいらーです。 @umanoie2017

チャレンジCの過去データを見ていきます。

今年から2000mになりましたが、1800mのチャレンジCと朝日CC時代のデータが含まれています。

 

 

 

1. 登録馬

アメリカズカップ
エアウィンザー
ケントオー
サイモンラムセス
ステイフーリッシュ
(外)ダッシングブレイズ
ダンビュライト
トリコロールブルー
ハートレー
マイネルフロスト
(地)マウントゴールド
マルターズアポジー
レイエンダ
ロードヴァンドール

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠 0-0-0-15/15
2枠 0-2-0-13/15
3枠 2-1-2-10/15
4枠 2-0-2-12/16
5枠 3-2-2-11/18
6枠 2-3-0-13/18
7枠 1-0-0-20/21
8枠 0-3-3-18/24

 

・1800mでも2000mでも1枠が馬券対象になっていないのは気になるところ。

 

 

2-2. 人気・配当

チャレンジCの過去配当

1番人気 6-0-1-3/10
2番人気 1-2-2-5/10
3番人気 0-1-1-8/10
4番人気 0-3-0-7/10
5番人気 1-2-0-7/10
6番人気 1-0-2-7/10
7番人気 0-1-0-9/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 1-2-0-7/10
10番人気 0-0-0-8/8
11番人気 0-0-2-6/8
12番人気 0-0-0-8/8
13番人気 0-0-1-5/6
14番人気 0-0-0-5/5
15番人気 0-0-0-5/5
16番人気 0-0-0-5/5
17番人気 0-0-0-4/4
18番人気 0-0-0-3/3

 

・1番人気が6勝。3着内率は70%。

・配当妙味のあるレースだが、2000mになった昨年は意外と平穏。

 

 

2-3. 前走距離・レース

1600m 3-1-1-17/22
2000m 2-4-3-46/55
1800m 2-4-2-28/36
3000m 2-0-1-2/5
1400m 1-0-0-4/5
2400m 0-1-1-3/5
2500m 0-1-0-1/2
2200m 0-0-1-7/8
菊花賞 2-0-1-2/5
福島記念 1-2-1-9/13
大文字S 1-0-0-0/1
安田記念 1-0-0-0/1
関屋記念 1-0-0-0/1
毎日スワンS 1-0-0-1/2
八坂S 1-0-0-2/3
富士S 1-0-0-2/3
小倉記念 1-0-0-5/6
クイーンS 0-1-1-0/2
カシオペアS 0-1-1-11/13
エプソムC 0-1-0-0/1
大原S 0-1-0-0/1
東京優駿 0-1-0-0/1
アイルランド 0-1-0-1/2
アルゼンチン 0-1-0-1/2
清水S 0-1-0-1/2
小倉日経OP 0-1-0-12/13
七夕賞 0-0-1-0/1
垂水S 0-0-1-0/1
秋風S 0-0-1-0/1
ジャパンC 0-0-1-1/2
エリザベス杯 0-0-1-5/6

 

・レース条件の度重なる変更で、ローテーションは様々。

・メンバーはそれなりに揃うことが多く、重賞実績馬か昇級を決めた勢いのある馬が優勢。

 

 

2-4. 年齢

3歳 3-1-1-14/19
4歳 4-2-3-15/24
5歳 3-3-1-36/43
6歳 0-3-3-18/24
7歳 0-1-1-19/21
8歳 0-1-0-9/10
9歳 0-0-0-1/1

 

・ここ2年は3歳馬が存在感を出している。

・安定感でいえば4歳が中心で、6歳以上となると厳しくなってくる。

 

 

2-5. 斤量

50.0kg 0-0-0-1/1
51.0kg 0-0-0-1/1
52.0kg 0-0-1-3/4
53.0kg 0-1-0-10/11
54.0kg 1-4-2-21/28
55.0kg 4-2-3-13/22
56.0kg 2-2-2-44/50
57.0kg 3-2-1-8/14
57.5kg 0-0-0-3/3
58.0kg 0-0-0-7/7
58.5kg 0-0-0-1/1

 

・過去では軽量馬、斤量を背負う馬がともに苦戦しているが、別定になってからは然程気にしなくてよさそう。

 

 

3. 総評

条件変わりで過去データはあまり使えないが、着実に力を付けてきた昇級馬か重賞実績馬が中心。昨年の結果を踏まえれば、中距離重賞で好走経験のある3歳馬にも警戒したい。

今年の3歳馬のレベルを考慮すると、レイエンダは人気でも無視できない。重賞初挑戦となったセントライト記念では2着に敗れたが、キャリアを考えればまだまだ良くなる余地がある馬。古馬相手でも十分やれるだろう。

ステイフーリッシュは距離の合わなかった菊花賞野惨敗は無視。京都新聞杯勝ちがある中距離に戻る今回は見直す必要がありそうだ。4歳勢では、直前で天皇賞(秋)を除外になったダンビュライトや連勝中のエアウィンザー。重賞にあと一歩届かないトリコロールブルーあたりも十分チャンスがあり、馬券的にはどれから入るか大いに悩まされる一戦である。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.