スポンサーリンク

【京阪杯】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

京阪杯の過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

(外)アサクサゲンキ
アレスバローズ
アンヴァル
エスティタート
オールポッシブル
カラクレナイ
カルヴァリオ
キングハート
グァンチャーレ
グレイトチャーター
コウエイタケル
シュウジ
ダイアナヘイロー
ダイメイフジ
ダノンスマッシュ
ナインテイルズ
ナガラフラワー
ビップライブリー
フミノムーン
ベステンダンク
ワンスインナムーン

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠2-1-1-14/18
2枠4-1-0-15/20
3枠2-2-3-13/20
4枠1-2-2-15/20
5枠0-0-3-17/20
6枠0-1-1-18/20
7枠1-0-1-24/26
8枠0-3-0-24/27

 

・勝ち数は1~4枠に集中。

・3着内率トップは3枠で35%。

 

 

2-2. 人気・配当

京阪杯の過去配当

1番人気1-2-0-7/10
2番人気2-0-1-7/10
3番人気0-4-0-6/10
4番人気2-0-0-8/10
5番人気1-0-3-6/10
6番人気0-1-1-8/10
7番人気2-0-0-8/10
8番人気0-1-0-9/10
9番人気1-0-0-9/10
10番人気1-0-2-7/10
11番人気0-1-0-9/10
12番人気0-0-1-9/10
13番人気0-1-0-9/10
14番人気0-0-1-9/10
15番人気0-0-1-9/10
16番人気0-0-1-7/8
17番人気0-0-0-7/7
18番人気0-0-0-6/6

 

・1番人気は1勝しかできておらず不振。

・配当も荒れ傾向で、過去に3連単100万超えが2度ある。

 

 

2-3. 前走距離・レース

1200m7-5-9-99/120
1400m3-5-2-34/44
1600m0-0-0-1/1
1800m0-0-0-1/1
2000m0-0-0-1/1
2890m0-0-0-1/1
1000m0-0-0-3/3
京洛S3-2-3-38/46
毎日スワンS2-5-2-26/35
桂川S1-0-1-3/5
福島民友C1-0-1-6/8
長岡京S1-0-0-0/1
JBCスプリ1-0-0-0/1
スプリンター1-0-0-4/5
オパールS0-2-2-9/13
信越S0-1-0-4/5
セントウルS0-0-1-3/4
スプリンタS0-0-1-12/13

 

・前走距離は1200~1400m以外から勝ち馬はおろか3着もなし。

・重賞ならスワンSを経由した馬が好成績。

・ただ、他の重賞からの成績はいま一つ。京洛Sの成績もまずまず。

 

 

2-4. 年齢

3歳2-2-1-20/25
4歳3-4-2-31/40
5歳3-4-3-40/50
6歳2-0-4-30/36
7歳0-0-1-14/15
8歳0-0-0-3/3
10歳0-0-0-2/2

 

・3歳から6歳まで、幅広い世代から勝ち馬が出ているが、3着内率でみれば若い方がいいか。

 

 

2-5. 斤量

53.0kg0-1-0-6/7
54.0kg2-3-2-39/46
55.0kg2-1-2-17/22
56.0kg3-5-7-62/77
57.0kg2-0-0-8/10
58.0kg1-0-0-7/8
59.0kg0-0-0-1/1

 

・57kg以上は3勝しているが、2着以下はなし。

・55kgが数字としては安定しているが、他もあまり差はない。

 

 

3. 総評

飛躍を誓う3歳馬からは、アンヴァルとダノンスマッシュに注目。

アンヴァルは前走のオパールSを快勝。斤量に恵まれたこともあるが、古馬との重賞戦線でも着差は1.0秒以下で大きな差がなかったことを考えれば、やれて当然だったのかもしれない。今回マークがきつくなることも考えにくく、再び強襲の可能性は高そう。ダノンスマッシュはキーンランドC2着だったあたり、1200mがベストで能力が開花した印象。メンバーレベルも劇的に上がる訳でもなく、引き続きチャンスだ。

巻き返しを警戒するならシュウジで、今年のニューイヤーSで2着したもののそれ以降の着順は振るわない。ただ、着差は僅かで仕舞の脚もしっかりしているので、位置どり次第で頭まで十分あると見る。この馬の実績を考えればメンバーも手ごろだ。