スポンサーリンク

【ジャパンC】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ジャパンカップの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アーモンドアイ
ウインテンダネス
カプリ
ガンコ
キセキ
サウンズオブアース
サトノクラウン
サトノダイヤモンド
サンダリングブルー
シュヴァルグラン
スワーヴリチャード
ノーブルマーズ
[地]ハッピーグリン
マカヒキ
ミッキースワロー
ミッキーロケット

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠3-2-3-12/20
2枠1-0-2-17/20
3枠2-1-2-15/20
4枠1-0-0-19/20
5枠0-3-0-17/20
6枠0-1-0-18/19
7枠1-0-2-22/25
8枠2-3-1-23/29

 

・コーナー4つとあってか、1枠が安定した成績。3着内率は40%。

・なぜか6枠は、2着が一度だけと成績が振るわない。

 

 

2-2. 人気・配当

ジャパンカップの過去配当

1番人気3-3-2-2/10
2番人気1-2-2-5/10
3番人気1-1-0-8/10
4番人気3-0-0-7/10
5番人気1-1-0-8/10
6番人気0-1-3-6/10
7番人気0-2-0-8/10
8番人気0-0-1-9/10
9番人気1-0-0-9/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気0-0-1-9/10
12番人気0-0-0-10/10
13番人気0-0-0-10/10
14番人気0-0-1-9/10
15番人気0-0-0-10/10
16番人気0-0-0-10/10
17番人気0-0-0-9/9
18番人気0-0-0-4/4

 

・過去10年で10番人気以上で馬券になったのは2例。

・ただ、堅い決着ではなく、1番人気は3勝と信頼度は低め。

 

 

2-3. 前走距離・レース

2000m6-5-8-60/79
2400m2-4-1-47/54
2500m1-0-1-11/13
3000m1-0-0-7/8
2200m0-1-0-5/6
1800m0-0-0-1/1
2080m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-1/1
2600m0-0-0-1/1
2920m0-0-0-1/1
3200m0-0-0-8/8
天皇賞(秋)5-5-7-48/65
京都大賞典2-1-0-12/15
秋華賞1-0-1-2/4
アルゼンチン1-0-1-11/13
菊花賞1-0-0-7/8
凱旋門賞0-2-1-9/12
神戸新聞杯0-1-0-1/2
エリザベス杯0-1-0-2/3

 

・中心は天皇賞(秋)組、京都大賞典組が中心。

・前走レースは格重視。

 

 

2-4. 年齢

3歳2-3-2-21/28
4歳5-3-2-41/51
5歳3-4-4-36/47
6歳0-0-0-24/24
7歳0-0-2-12/14
8歳0-0-0-9/9

 

・3着内率トップは3歳だが、4歳と5歳も差はなし。

・勝ち数は4歳がトップ。

 

 

 

3. 総評

マカヒキとミッキーロケットが回避して、買う馬はだいぶ絞れそうで、あとは序列をどう付けるか。

ひとまず前走レースの格と世代をもとに考えると、軸候補はアーモンドアイ、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード、キセキ。ここに相手としてカプリやらシュヴァルグランが加わるイメージ。

まず、アーモンドアイは死角らしいところがない。古馬との力関係がポイントだが、オークスの時計で考えれば通用する可能性は高い。気掛かりは、今回は積極的に前に行く馬も何頭かおり、流れが速くなったときに対応できるかどうか。展開のあやだけが心配だ。復活を遂げたサトノダイヤモンドは、持ち味の瞬発力が戻ってきたが、東京コースはダービー以来。1戦しかしていないので、ほぼ難癖になるがベストな舞台かはクエスチョンマークが付く。

スワーヴリチャードは、前走の天皇賞・秋から気持ちをどこまで立て直してくるかがポイント。調教の感じだとダメージもなく馬も前向きな印象で、状態に問題ないのなら当然巻き返すものと考える。キセキは菊花賞馬ではあるが、現状は中距離前後がベスト。近走は先行策で結果を残しているが、距離が延びると折り合いがカギになるだろう。時計は相変わらず速いので、ロスなく運べれば再度残る可能性はある。