スポンサーリンク

【菊花賞】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

菊花賞の過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アイトーン
アフリカンゴールド
エタリオウ
エポカドーロ
オウケンムーン
カフジバンガード
グレイル
グロンディオーズ
グローリーヴェイズ
コズミックフォース
ゴールドフラッグ
シャルドネゴールド
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ
タイムフライヤー
ドンアルゴス
フィエールマン
ブラストワンピース
メイショウテッコン
ユーキャンスマイル

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠3-1-1-15/20
2枠3-3-0-14/20
3枠1-0-1-18/20
4枠0-0-0-20/20
5枠0-1-2-17/20
6枠0-2-2-16/20
7枠3-2-3-22/30
8枠0-1-1-28/30

 

・3着内率で好調なのは、1枠、2枠、7枠。

隣の3枠、4枠の数字が振るわず、4枠に至っては3着以内なし

 

 

2-2. 人気・配当

菊花賞の過去配当

1番人気6-1-1-2/10
2番人気0-2-0-8/10
3番人気1-0-2-7/10
4番人気0-1-0-9/10
5番人気1-2-0-7/10
6番人気0-0-2-8/10
7番人気1-1-2-6/10
8番人気1-0-0-9/10
9番人気0-1-1-8/10
10番人気0-1-0-9/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-0-0-10/10
13番人気0-0-2-8/10
14番人気0-0-0-10/10
15番人気0-1-0-9/10
16番人気0-0-0-10/10
17番人気0-0-0-10/10
18番人気0-0-0-10/10

 

1番人気は3着内率80%と安定。2年連続で連勝中

・配当に波はあるが荒れ傾向。

1番人気以外の成績に差はなし。二桁人気で馬券に絡んだのは4頭。

 

 

2-3. 前走距離・レース

2400m8-6-7-61/82
2200m1-3-2-46/52
1800m1-0-0-12/13
2000m0-1-0-20/21
2600m0-0-1-4/5
1700m0-0-0-1/1
2500m0-0-0-6/6
神戸新聞杯8-6-5-51/70
セントライト1-3-1-45/50
野分特別1-0-0-3/4
札幌記念0-1-0-1/2
兵庫特別0-0-2-6/8
支笏湖特別0-0-1-0/1
阿賀野川特別0-0-1-0/1

 

ローテーションの王道は神戸新聞杯

・過去10年で、セントライト経由で優勝したのはキタサンブラックのみ。結果論だが、歴史に名を残す馬クラスでないとセントライト組は勝ちきれない?

 

 

3. 総評

3歳牡馬、最後の一冠は混戦模様。

実績的にはエポカドーロが一つ抜けた存在ではあるが、他馬も虎視眈々。なかなか前評判どおりに決着しそうにない。

 

そのエポカドーロは、距離不安を払拭するにいたらなった前走内容ではあるが、距離適性に関してはライバル馬も似たような感じ。自分の競馬ができれば前走のようには行かない。

前走の新潟記念で古馬を一蹴したブラストワンピースは、500万下の時だが2400m勝ちがあり、距離についてはクリアできそう。ただスピード勝負になった場合は切れ負けしそう。メイショウテッコンも距離については同じで、500万下勝ちがあるので大きな心配はない。前走は単騎逃げが出来たが今回は同型がいるので、好走できるかどうかは、そのあたりの兼ね合いひとつだろう。

長距離砲としては、アフリカンゴールドグロンディオーズユーキャンスマイルなど面白そうな馬が何頭かいるが、こちらは出走が叶ってから考えることとしたい。