スポンサーリンク

【秋華賞】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

秋華賞の過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アーモンドアイ
ウラヌスチャーム
オスカールビー
オールフォーラヴ
カレンシリエージョ
カンタービレ
ゴージャスランチ
サトノガーネット
サヤカチャン
サラキア
サラス
スカーレットカラー
ダンサール
トーセンブレス
ハーレムライン
パイオニアバイオ
プリモシーン
ミッキーチャーム
ラッキーライラック
ラテュロス
(外)ランドネ
リュヌルージュ

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠0-4-1-15/20
2枠2-2-3-13/20
3枠2-0-1-17/20
4枠1-1-0-18/20
5枠0-2-0-18/20
6枠0-1-2-17/20
7枠3-0-3-23/29
8枠2-0-0-28/30

 

3着内率は1~2枠と内枠の数値がいい

・勝ち数は7枠がトップで3勝。

 

 

2-2. 人気・配当

秋華賞の過去配当

1番人気3-1-2-4/10
2番人気2-2-1-5/10
3番人気4-1-0-5/10
4番人気0-2-1-7/10
5番人気0-1-1-8/10
6番人気0-1-1-8/10
7番人気0-1-0-9/10
8番人気0-1-2-7/10
9番人気0-0-0-10/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気1-0-0-9/10
12番人気0-0-0-10/10
13番人気0-0-0-10/10
14番人気0-0-0-10/10
15番人気0-0-1-9/10
16番人気0-0-1-9/10
17番人気0-0-0-10/10
18番人気0-0-0-9/9

 

・配当は2008年がとんでもなく荒れたが、基本的には小~中波乱まで。

1番人気の3着内率は60%。2~3番人気が50%と上位人気で括って見れば安定

 

 

2-3. 前走距離・レース

1800m7-9-6-83/105
2000m3-1-3-45/52
2200m0-0-1-0/1
1200m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-1/1
1700m0-0-0-2/2
1500m0-0-0-3/3
1600m0-0-0-4/4
2400m0-0-0-10/10
ローズS6-8-5-60/79
紫苑S3-1-0-41/45
クイーンS1-0-1-6/8
夕月特別0-1-0-6/7
ムーンライト0-0-1-0/1
甲武特別0-0-1-0/1
シリウスS0-0-1-1/2
札幌記念0-0-1-1/2

 

・1800m、つまりローズSが断然優勢。ただ近年のトレンドは紫苑S

ロースS、紫苑S、クイーンS以外から参戦した馬は苦戦

 

 

3. 総評

よっぽどのことがない限りアーモンドアイを消す選択肢はなく、少しでも配当を上げるために穴馬探しに集中。

 

ローズS組からは勝ち馬のカンタービレと出走が微妙なゴージャスランチに注目。

カンタービレは千八巧者のイメージが強くなったが、1ハロン延長でも京都小回りなら引き続き勝負可能。分が悪いと思われた瞬発力勝負も、前走の上がり3Fは33.6秒とまとめる上々の数字。前であの脚が使えるなら一太刀浴びせられるか。ゴージャスランチは、ローズSを逃げて4着。目標にされた分、最後は甘くなったが先行馬が多くなりそうな今回は一列下げて溜めることができれば面白そう。あとは出走が叶うかどうか。

 

紫苑Sは、勝ち馬が不在だが引き続き狙ってみたいのはパイオニアバイオ。前走はオークス同様に追いこんでの4着。上がりは2位の33.8秒で新味を感じた内容。前で競馬するイメージだったが中距離なら自在な立ち回りが可能と判断。器用さを活かしてここは波乱を演出してほしい。別路線ではプリモシーンは気にはなるが、この馬はマイラーのイメージ。2000mはこなせなくはないかもしれないが、脚質的にも3着が関の山では。