スポンサーリンク

【スプリンターズS】2018年 過去データ

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

スプリンターズSの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アドマイヤゴッド
アレスバローズ
カイザーメランジェ
(外)キャンベルジュニア
キングハート
グレイトチャーター
スノードラゴン
セイウンコウセイ
タマモブリリアン
ダイメイプリンセス
ティーハーフ
ナックビーナス
(地)ヒルノデイバロー
ファインニードル
ブラヴィッシモ
ムーンクエイク
ラインスピリット
ラッキーバブルズ
ラブカンプー
レッツゴードンキ
レッドファルクス
ワンスインナムーン

 

 

2. 過去データ

2-1. 枠番

1枠1-1-0-18/20
2枠0-2-3-15/20
3枠0-0-3-17/20
4枠2-1-0-17/20
5枠2-2-0-15/19
6枠0-0-1-19/20
7枠3-2-3-12/20
8枠2-2-0-17/21

 

・3着内率トップは7枠で40%。

勝ち馬は5~8枠で7勝と外目のほうが良い印象

 

 

2-2. 人気・配当

スプリンターズSの過去配当

1番人気4-1-0-5/10
2番人気1-5-0-4/10
3番人気2-1-0-7/10
4番人気0-0-0-10/10
5番人気0-1-1-8/10
6番人気1-0-1-8/10
7番人気0-0-3-7/10
8番人気0-0-1-9/10
9番人気0-1-3-6/10
10番人気1-0-0-9/10
11番人気0-1-0-9/10
12番人気0-0-0-10/10
13番人気1-0-0-9/10
14番人気0-0-0-10/10
15番人気0-0-1-9/10
16番人気0-0-0-8/8
17番人気0-0-0-1/1
18番人気0-0-0-1/1

 

・1番人気の3着内率が50%。2番人気のほうが少し成績は良く60%。

・配当は良く、特に3連系の馬券は相手を手広く。

 

 

2-3. 前走距離・レース

1200m9-8-8-110/135
1600m1-2-1-9/13
1400m0-0-1-7/8
1000m0-0-0-4/4
セントウルS4-2-3-53/62
キーンランド2-3-5-32/42
安田記念1-1-0-6/8
シャティンV1-0-0-0/1
CBC賞1-0-0-2/3
北九州記念1-0-0-8/9
高松宮記念0-2-0-4/6
ヴィクトリア0-1-0-0/1
函館SS0-1-0-4/5
朱鷺S0-0-1-1/2
京成杯AH0-0-1-3/4

 

・前走距離は1200mが断然。

前走レースはセントウルSが4勝。サマースプリントSを使って来た馬が好走傾向

 

 

2-4. 年齢

3歳0-0-1-10/11
4歳3-2-5-16/26
5歳3-6-3-35/47
6歳3-0-1-32/36
7歳0-2-0-27/29
8歳1-0-0-8/9
9歳0-0-0-2/2

 

年齢は4歳が中心。ただ勝ち数は5歳、6歳と並んでいる。

・7歳以上は苦戦。8歳の1勝は、海外馬のウルトラファンタジー。国内の好走馬は少ない

 

 

3. 総評

今年は成績安定の4歳馬が不在で、新旧スプリント王と新興勢力の戦い。

 

まず、昨年の最優秀短距離馬のレッドファルクスだがデータ的にも臨戦過程としても懸念事項が多い。データ的には馬齢と安田記念からのローテーションが引っ掛かるが、それ以上に近走内容に不満ありで、成績が安定していればローテは昨年と同じなので、自分自身も然程気にしなかったはず。

速い上がりは使っているが、スタートから出て行かなかったり、エンジンのかかりが遅かったりと、馬がズルくなった印象。そんな馬に主戦のデムーロが騎乗停止で乗り替わりとなれば、当てにしづらいのが正直な気持ちだ。

 

そう考えると、人気をしても前走は8分で完勝したファインニードルは外せそうにない。

58kg背負って、3歳のなかでは勢い一番のラブカンプーを文字通り子供扱した内容を見せられては、無駄な抵抗は止した方が良さそうだ。

 

あとはレッツゴードンキ、セイウンコウセイ、アレスバローズ、ナックビーナス、ムーンクエイクの5頭がどれだけファインニードルに迫れるかが予想の起点になりそうで、中でもムーンクエイクには注目。前走のキーンランドCは1.0秒差でも、最速上がりで明らかに試走という内容。一番変わってきそうな馬で、人気も陰ってくれれば美味しい穴馬になってくれそうだ。

 

もちろん、当日の人気や気配はチェックしなければならないが、思い切ってこの馬から入る手も有りかもしれない。