スポンサーリンク

【クイーンS】2018年 過去データ

所感 所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。
クイーンSの過去データを見ていきます。

 

 

 

1. 出走馬

アグレアーブル
アンドリエッテ
エテルナミノル
ソウルスターリング
ツヅミモン
ティーエスクライ
ディアドラ
トーセンビクトリー
ハッピーユニバンス
フロンテアクイーン
リバティハイツ

 

 

2. 過去データ

◆おことわり

記載しているデータに函館で行われていた2013年も含まれます。ご容赦下さい。

 

2-1. 枠番

1枠0-1-2-6/9
2枠3-2-0-5/10
3枠2-0-1-13/16
4枠0-1-3-14/18
5枠2-2-2-12/18
6枠1-1-2-14/18
7枠1-1-0-17/19
8枠1-2-0-16/19

 

内有利の傾向も1枠は然程数字は良くない。狙うなら2枠。

・5枠も健闘しており3着内率は約33%。1、2、5枠を除けば差はない。

 

 

2-2. 人気・配当

クイーンSの過去配当

1番人気3-4-1-2/10
2番人気4-0-0-6/10
3番人気0-1-2-7/10
4番人気0-0-2-8/10
5番人気0-0-0-10/10
6番人気0-2-2-6/10
7番人気1-0-0-9/10
8番人気0-1-1-8/10
9番人気1-0-0-8/9
10番人気0-2-0-7/9
11番人気1-0-1-6/8
12番人気0-0-1-7/8
13番人気0-0-0-8/8
14番人気0-0-0-5/5

 

1番人気の3着内率は80%だが、その割に3連系の配当はALL万馬券。

・3~5番人気が馬券に絡んだのは5例といまひとつ。期待値は6番人気以下の方が高い。

 

 

2-3. 前走距離・レース

1600m4-5-3-15/27
1800m3-1-1-25/30
2400m2-1-1-11/15
2000m1-3-4-34/42
1400m0-0-1-3/4
1200m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-1/1
2200m0-0-0-1/1
2600m0-0-0-1/1
3200m0-0-0-1/1
1700m0-0-0-4/4
ヴィクトリア3-4-2-10/19
優駿牝馬2-1-1-11/15
マーメイドS1-2-2-21/26
パールS1-0-1-0/2
漁火S1-0-0-0/1
NHKマイル1-0-0-0/1
福島牝馬S1-0-0-3/4
夏至S0-1-0-0/1
五稜郭S0-1-0-3/4
巴賞0-1-0-5/6
安土城S0-0-1-0/1
東京スマイP0-0-1-0/1
七夕賞0-0-1-2/3
垂水S0-0-1-2/3

 

・前走がマイル以下の馬は不振。1800mでもパワーや持久力が求められる。

前走がGⅠだった馬の好走率高し。着順や人気は不問。

・格重視ではあるが、一方で波乱を演出しているのはオープン特別や格上挑戦の馬。ヒモは手広く。

 

 

2-4. 年齢

3歳4-1-1-16/22
4歳1-3-3-28/35
5歳2-6-6-36/50
6歳3-0-0-15/18
7歳0-0-0-2/2

 

3歳と5歳が中心。4歳は信頼度では一枚落ちる。

・7歳以上は出走数が少ないが厳しい印象。

 

 

2-5. 斤量

51.0kg0-0-1-4/5
52.0kg4-0-0-11/15
53.0kg0-1-0-1/2
55.0kg6-9-9-76/100
56.0kg0-0-0-4/4
57.0kg0-0-0-1/1

 

・52kgは主に3歳馬。

・56kg以上を背負わされた馬は厳しい。

 

 

3. 総評

11頭立てと少し寂しいですが、重賞勝ち馬が6頭と粒ぞろいのメンバー構成。

復活が望まれるソウルスターリングは前走のヴィクトリアマイルが7着も0.4秒差なら見直し。

データ的にも後押しが効いている。

 

人気になるであろうディアドラは海外遠征帰りが引っ掛かる。

能力は確かなので、取捨は馬体重やテンションなどギリギリまで待ちたい。

 

馬齢で好成績の3歳は、ツヅミモンリバティハイツが参戦だが、どちらも桜花賞組。

データはオークス経由で結果を残しているだけに、ひと押し足りない。

それなら、穴として無条件でアグレアーブルティーエスクライに印を回した方が馬券としては夢が膨らむ(?)。