スポンサーリンク

【ダービー卿チャレンジ】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ダービー卿チャレンジの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ダイアトニック
2ドーヴァー
3プリモシーン
4ヒーズインラブ
5ロードクエスト
6キャプテンペリー
7カツジ
8ダイワキャグニー
9エイシンティンクル
10ストーミーシー
11ミュゼエイリアン
12ハクサンルドルフ
13フィアーノロマーノ
14ギベオン
15ヤングマンパワー
16キョウヘイ
17ウインファビラス
18ゴールドサーベラス
19ショウナンライズ
20ジョーストリクトリ
21マルターズアポジー
22マイスタイル

 

◆クラス成績

順位馬名
1ダイアトニック
2ドーヴァー
3プリモシーン
4ダイワキャグニー
5ギベオン
6キャプテンペリー
7カツジ
8ロードクエスト
9ハクサンルドルフ
10エイシンティンクル
11ヒーズインラブ
12キョウヘイ
13ストーミーシー
14ヤングマンパワー
15ゴールドサーベラス
16ミュゼエイリアン
17ウインファビラス
18マルターズアポジー
19マイスタイル
20ショウナンライズ
21ジョーストリクトリ
22フィアーノロマーノ

 

◆近走成績

順位馬名
1ダイアトニック
2ドーヴァー
3エイシンティンクル
4プリモシーン
5キャプテンペリー
6ハクサンルドルフ
7ロードクエスト
8フィアーノロマーノ
9ギベオン
10カツジ
11ウインファビラス
12ダイワキャグニー
13ヒーズインラブ
14ゴールドサーベラス
15キョウヘイ
16マイスタイル
17ストーミーシー
18ショウナンライズ
19ジョーストリクトリ
20マルターズアポジー
21ヤングマンパワー
22ミュゼエイリアン

 

 

2.総評

ハンデ戦ということもあってか、昇級後でも結果を残す馬が多いこのレース。総合1位のダイアトニックは、1400mから1600mを中心に使われて大きく崩れていないのが魅力。昇級後でも期待は大きい。ただ、1600mよりは距離を詰めた1400mで結果を残しているのと、1戦だけですが中山は3着と戦績上では見劣る点は気掛かりです。

ドーヴァーは、中山のマイル戦で安定した成績を収めている点が評価されて総合2位。前走でオープン特別を勝利し、このクラスでもやれることを見せたので、重賞でも楽しみです。

迎え撃つ重賞ウイナーのなかでは、ギベオンの久々のマイル戦をどう考えるか。金鯱賞が6着だったので距離は中距離よりもマイルくらいが適性距離なのかもしれません。NHKマイルCも2着しているので無碍にはできそうにありません。

プリモシーンは、古馬相手だった関屋記念の内容が着差以上に強い勝ちっぷり。多少、斤量をどれくらい背負うのかは気にはなりますが、ここでも好勝負できるでしょう。

あとは復調気配のダイワギャグニー、昨年の覇者ピースインラブなど粒ぞろいのメンバーだけに、斤量を見つつ予想に励みたいところです。