スポンサーリンク

【大阪杯】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

大阪杯の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1エアウィンザー
2ペルシアンナイト
3アルアイン
4ブラストワンピース
5ワグネリアン
6キセキ
7ダンビュライト
8マカヒキ
9ステルヴィオ
10サングレーザー
11ステイフーリッシュ
12スティッフェリオ
13エポカドーロ
14ムイトオブリガード
15アクションスター

 

 

◆クラス成績

順位馬名
1ワグネリアン
2ブラストワンピース
3エアウィンザー
4サングレーザー
5ステルヴィオ
6ペルシアンナイト
7エポカドーロ
8アルアイン
9マカヒキ
10キセキ
11ダンビュライト
12ステイフーリッシュ
13スティッフェリオ
14ムイトオブリガード
15アクションスター

 

◆近走成績

順位馬名
1エアウィンザー
2ブラストワンピース
3ペルシアンナイト
4アルアイン
5サングレーザー
6ワグネリアン
7ムイトオブリガード
8ステルヴィオ
9スティッフェリオ
10エポカドーロ
11キセキ
12ステイフーリッシュ
13ダンビュライト
14マカヒキ
15アクションスター

 

2.総評

GⅠ馬が8頭集結。今は中距離戦線が一番レベルが高い印象で、実績に加えて距離適性やこの距離におけるスピードと底力も求められそうです。

総合1位のエアウィンザーは、4連勝で挑んだ金鯱賞が3着と重賞でもやれるところは見せましたが、GⅠとなるとどうか。阪神芝2000mとの相性は抜群なだけに、コース変わりでどこまで力差を詰められるかがポイントになるでしょう。

同じ金鯱賞組からはペルシアンナイトの方がまだ期待できそう。昨年は2着とスワーヴリチャードに詰め寄り、この距離にも対応。叩き良化型なので状態の上積みも見込めます。馬場や展開にやや注文は付くものの、引き続き怖い存在です。

ローテーションで気になるのは長期休養明けで挑むことになる、キセキブラストワンピースワグネリアン

GⅠ昇格後の過去2年では、有馬記念から挑んで勝ったキタサンブラックがいますが、馬としての格が違ったのも確かで、これらの馬が実力的に匹敵するかどうかは良く考えた方が良さそうです。ワグネリアンに至っては、神戸新聞杯から半年以上空いていおり、過去10年では半年以上間隔が開いて勝ったのはキズナのみです。天皇賞・春を睨んでいるのかも気になるところですし、出来は要チェックです。

そういった意味では、ここに焦点を合わせているダンビュライトエポカドーロなど中距離専門でやってきた馬のほうが狙い目かもしれません。