スポンサーリンク

【優駿牝馬】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

オークスの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1クロノジェネシス
2ダノンファンタジー
3ビーチサンバ
4カレンブーケドール
5コントラチェック
6シャドウディーヴァ
7アイリスフィール
8ウィクトーリア
9ラヴズオンリーユー
10グラディーヴァ
11シゲルピンクダイヤ
12エールヴォア
13フェアリーポルカ
14ジョディー
15ウインゼノビア
16アクアミラビリス
17シェーングランツ
18メイショウショウブ
19エアジーン
20ルタンブル
21ノーワン
22フィリアプーラ
23メイショウアステカ

 

◆クラス成績

順位馬名
1コントラチェック
2ダノンファンタジー
3クロノジェネシス
4シゲルピンクダイヤ
5ビーチサンバ
6シャドウディーヴァ
7カレンブーケドール
8フェアリーポルカ
9エールヴォア
10シェーングランツ
11メイショウショウブ
12ウィクトーリア
13ウインゼノビア
14ノーワン
15ジョディー
16アイリスフィール
17ルタンブル
18エアジーン
19フィリアプーラ
20アクアミラビリス
21グラディーヴァ
22メイショウアステカ
23ラヴズオンリーユー

 

◆近走成績

順位馬名
1ラヴズオンリーユー
2ダノンファンタジー
3コントラチェック
4グラディーヴァ
5クロノジェネシス
6カレンブーケドール
7ビーチサンバ
8フェアリーポルカ
9シゲルピンクダイヤ
10シャドウディーヴァ
11エールヴォア
12メイショウショウブ
13アイリスフィール
14ウィクトーリア
15ウインゼノビア
16アクアミラビリス
17シェーングランツ
18ジョディー
19ノーワン
20エアジーン
21メイショウアステカ
22フィリアプーラ
23ルタンブル

 

 

2.総評

今年は桜花賞勝ち馬のグランアレグリアがNHKマイルCへ向かったことで予想が難解になりそうですが、例年通り桜花賞組かフローラS組を中心に考えるのがセオリーでしょうか。

総合1位はその桜花賞で3着だったクロノジェネシス。桜花賞ではダノンファンタジーに先着し、阪神JFでの借りは幾分返したものの勝ち切れない競馬が続いています。常に速い上がりを使っているのは魅力的ですが、脚質的に展開待ちの部分もあるので1着固定で買うのは少し勇気がいるでしょうか。

一方で、桜花賞4着と期待はずれだったのはダノンファンタジーで、オークスの距離延長も微妙に映ります。それならフラワーカップを逃げて快勝したコントラチェックの方が、距離はまだ融通が効きそう。鞍上も日本でブレイク中のDレーン騎手なのも心強いですね。この馬の場合は、あと同型の馬がどれだけ出てくるかがポイントになるでしょう。

ラブズオンリーユーは、忘れな草賞を余裕で勝ち、素質の高さを示しました。リアルスティールの下とあって血統は申し分なし。人気はするでしょうが、コースや距離など条件面はメンバーのなかでは、この馬が一番合っていそうです。ただ、2走前で馬体重を大きく減らしているので、遠征がどう影響するのかは気になるところです。

何れにせよ上位は拮抗している印象なので、条件面などを考慮しつつ減点方式で軸馬を本命を選ぶことになりそうです。