スポンサーリンク

【フローラS】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

フローラSの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1シャドウディーヴァ
2パッシングスルー
3アモレッタ
4エトワール
5フォークテイル
6レオンドーロ
7ペレ
8エアジーン
9フェアリーポルカ
10ウインゼノビア
11セラピア
12ジョディー
13ウィクトーリア
14ネリッサ
15クラサーヴィツァ
16イノセントミューズ
17ヴィエナブロー
18グランデストラーダ
19ローズテソーロ

 

◆クラス成績

順位馬名
1パッシングスルー
2シャドウディーヴァ
3ウインゼノビア
4ジョディー
5ウィクトーリア
6レオンドーロ
7アモレッタ
8イノセントミューズ
9エアジーン
10エトワール
11クラサーヴィツァ
12グランデストラーダ
13セラピア
14ネリッサ
15フェアリーポルカ
16フォークテイル
17ペレ
18ローズテソーロ
19ヴィエナブロー

 

◆近走成績

順位馬名
1セラピア
2フォークテイル
3アモレッタ
4フェアリーポルカ
5シャドウディーヴァ
6ペレ
7パッシングスルー
8ウィクトーリア
9エトワール
10エアジーン
11ウインゼノビア
12クラサーヴィツァ
13ネリッサ
14イノセントミューズ
15ジョディー
16レオンドーロ
17ヴィエナブロー
18グランデストラーダ
19ローズテソーロ

 

 

2.総評

オークスへの切符をかけて集った19頭。デービューが遅れた馬や好走ばかりで賞金の足りない馬など理由は様々でしょうが、いづれものどから手が出るほど欲しいのは同じ。激しい戦いが予想されます。

その中で総合1位だったのは、シャドウディーヴァ。個人的にはこちらに回ってきたのは歓迎。前走のフラワーCは4着でしたが、仕舞は上がり2位の脚を使っており、あの位置どりから良く追い込んできたほうで、力はあると考えています。デビューから4戦連続で東京芝2000mを使って大きく崩れていないので、距離とコース適性も高そうです。

能力的に抜けている可能性があるのはフェアリーポルカで、若駒Sでは唯一の牝馬ながら3着と善戦。先週の皐月賞で2着したヴェロックスが勝ち馬で、そこから0.6秒と離されてはいますが牝馬相手ならあっさりもあるでしょうか。

総合2位のパッシングスルーは距離がカギになりそう。血統的には持ちそうな気もしますし、前走のシンザン記念もタイムのわりに忙しい展開に付いていけなかった印象。ゆったり運べるこの距離なら、新馬戦のような末脚を繰り出せるかもしれません。馬場も良馬場がいいでしょう。

 

2歳時は前評判の高かったヴィクローリアやデビュー戦で素質の高さをうかがわせたセラピアなど、注目馬は多くいますが例年1戦1勝馬は苦戦傾向なので、経験値の高い馬を優先的に買うのが良さそうです。