スポンサーリンク

【マイラーズC】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

マイラーズCの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1インディチャンプ
2ダノンプレミアム
3モズアスコット
4パクスアメリカーナ
5ケイアイノーテック
6グァンチャーレ
7コウエイタケル
8ストーミーシー
9メイショウオワラ
10トーアライジン

 

◆クラス成績

順位馬名
1ダノンプレミアム
2パクスアメリカーナ
3インディチャンプ
4モズアスコット
5グァンチャーレ
6ケイアイノーテック
7コウエイタケル
8ストーミーシー
9メイショウオワラ
10トーアライジン

 

◆近走成績

順位馬名
1ダノンプレミアム
2インディチャンプ
3グァンチャーレ
4パクスアメリカーナ
5メイショウオワラ
6モズアスコット
7ケイアイノーテック
8コウエイタケル
9ストーミーシー
10トーアライジン

 

 

2.総評

こちらも福島牝馬Sと同じく少頭数になりそうですが、GⅠ馬が3頭出走とメンバーは粒ぞろい。前走の金鯱賞で復活Vのダノンプレミアムが抜けた存在ではありますが、今後に向けてそれぞれの思惑が見え隠れする面白いレースになりそうです。

そのダノンプレミアムを押さえて総合1位は、インディチャンプです。前走の東京新聞杯では、好メンバーが揃ったなかで念願の重賞初制覇。タイムも優秀で春の安田記念を含め、今後マイル路線での活躍が楽しみな1頭です。

ダノンプレミアムは、前走も含め実績最右翼は言わずもがなですが、ことマイルに関して言えば2戦2勝で、何れも重賞と得意の舞台です。今回も黙っていないでしょう。

ここで立て直したいのはモズアスコットで、昨年のマイルCSの不利が心身共に影響している現状を打破できるかがポイント。昨年の安田記念の覇者でもあるので、最低でも掲示板には乗らないと復調は遠いと判断せざるを得ないかも。引き続き鞍上がルメール騎手なのは心強いですが、馬券的には様子見が妥当かもしれません。