スポンサーリンク

【福島牝馬S】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

福島牝馬Sの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1フローレスマジック
2ダノングレース
3ビスカリア
4ウインファビラス
5デンコウアンジュ
6ペルソナリテ
7ランドネ
8ミッシングリンク
9カレンシリエージョ
10カワキタエンカ

 

◆クラス成績

順位馬名
1ビスカリア
2フローレスマジック
3ミッシングリンク
4デンコウアンジュ
5ランドネ
6ウインファビラス
7ペルソナリテ
8カワキタエンカ
9カレンシリエージョ
10ダノングレース

 

◆近走成績

順位馬名
1ダノングレース
2フローレスマジック
3ランドネ
4カレンシリエージョ
5ペルソナリテ
6ウインファビラス
7デンコウアンジュ
8ビスカリア
9ミッシングリンク
10カワキタエンカ

 

 

 

2.総評

登録馬が10頭と少ないですが、分析結果に差はありませんでした。メンバーも多種多様で馬券的にも面白いメンツが揃いました。そのなかで総合1位はフローレスマジックです。

昇級後の2戦はいづれも重賞で11着、5着と着順は振るいませんが差のない競馬が続いています。距離もマイルより1800mから2000mが適距離。これまでの2走に比べ層が薄くなる今回は結果が欲しいところでしょう。

昇級後、ここを狙って来たダノングレースは年明け連勝と勢いがある。この馬もこのくらいの距離を得意としており、福島芝1800mでも勝利しているので経験で、実績の差を埋められるか注目です。

今回、異色に見えるのはダート路線から参戦のビスカリアミッシングリングの二頭。

ビスカリアは芝での勝利がないので微妙ですが、ミッシングリングは芝での勝利経験あり。古くはブラボーデイジーが福島牝馬Sの2走前のエンプレス杯を勝利してここを2着している例もあるだけに、ローテーション的には問題ないのかもしれません。同型はいますが穴として検討の余地はあるでしょう。