スポンサーリンク

【皐月賞】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

皐月賞の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1サートゥルナーリア
2アドマイヤジャスタ
3ヴェロックス
4ダノンキングリー
5アドマイヤマーズ
6ラストドラフト
7シュヴァルツリーゼ
8クラージュゲリエ
9サトノルークス
10メイショウテンゲン
11ファンタジスト
12ニシノデイジー
13ブレイキングドーン
14ランスオブプラーナ
15エメラルファイト
16タガノディアマンテ
17クリノガウディー
18ダディーズマインド
19ナイママ

 

◆クラス成績

順位馬名
1サートゥルナーリア
2サトノルークス
3ダノンキングリー
4アドマイヤマーズ
5ヴェロックス
6ファンタジスト
7アドマイヤジャスタ
8シュヴァルツリーゼ
9ランスオブプラーナ
10ニシノデイジー
11クラージュゲリエ
12タガノディアマンテ
13メイショウテンゲン
14ブレイキングドーン
15ラストドラフト
16エメラルファイト
17クリノガウディー
18ナイママ
19ダディーズマインド

 

◆近走成績

順位馬名
1アドマイヤマーズ
2ダノンキングリー
3ヴェロックス
4サートゥルナーリア
5サトノルークス
6ランスオブプラーナ
7アドマイヤジャスタ
8ファンタジスト
9クラージュゲリエ
10シュヴァルツリーゼ
11ラストドラフト
12ブレイキングドーン
13クリノガウディー
14メイショウテンゲン
15ニシノデイジー
16タガノディアマンテ
17エメラルファイト
18ダディーズマインド
19ナイママ

 

 

2.総評

前評判というか全体的な雰囲気としては、3歳牡馬はサートゥルナーリアの一強ムード。桜花賞でグランアレグリアが3カ月以上間隔を空けて勝ったことで、従来のローテーションに拘る必要もなく不安要素も見当たらず人気集中は必至でしょう。

ここは素直に相手探しに徹したほうが良さそうです。

総合2位のアドマイヤジャスタは、前走のすみれS2着が評価し辛い。勝ち馬とは位置どりの差であっても、些か簡単に負けすぎ。そもそもホープフルSは前出のサートゥルナーリア以外はその後の成績がパッとしておらず、着順を素直に受け止めるには抵抗があります。ヒモまでで十分。ということでニシノデイジーブレイキングドーンあたりも同評価。

ここは王道の弥生賞、スプリングSを思い切って軽視して妙味のある馬を見出したい。

共同通信杯勝ちのダノンキングリーは、そこそこ人気になりそうですが3連勝と能力の底を見せておらず、サートゥルナーリアとまだ対戦していないのがいい。朝日杯勝ちのアドマイヤマーズを相手に楽に突き抜けたあたり、力は間違いなく世代上位です。妙味はアドマイヤマーズよりクラージュゲリエ。ここでは切れ負けしましたが、デビューの札幌で強い競馬をしているので、力の要る馬場の方が向いていそうな印象。中山で変わり身が合っても。

荒削りなヴェロックスも若葉Sの勝ちっぷりを見れば魅力的で、人気としては4番手か5番手になりそうなので美味しそう。父ジャスタウェイ産駒は距離も芝2000mくらいが丁度良さそうで、皐月賞で能力はしっかり出せる舞台だと思います。