スポンサーリンク

【阪神牝馬S】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

阪神牝馬Sの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ラッキーライラック
2アマルフィコースト
3ワントゥワン
4サラキア
5ミエノサクシード
6レッドオルガ
7ダイアナヘイロー
8レッツゴードンキ
9リバティハイツ
10カンタービレ
11サトノワルキューレ
12ベルーガ
13ミッキーチャーム
14クロコスミア
15メイショウオワラ

 

◆クラス成績

順位馬名
1アマルフィコースト
2ラッキーライラック
3レッドオルガ
4サラキア
5ワントゥワン
6レッツゴードンキ
7ミエノサクシード
8ベルーガ
9クロコスミア
10カンタービレ
11リバティハイツ
12ダイアナヘイロー
13サトノワルキューレ
14ミッキーチャーム
15メイショウオワラ

 

◆近走成績

順位馬名
1ミッキーチャーム
2サラキア
3アマルフィコースト
4レッドオルガ
5ラッキーライラック
6ワントゥワン
7ミエノサクシード
8ダイアナヘイロー
9サトノワルキューレ
10カンタービレ
11レッツゴードンキ
12リバティハイツ
13メイショウオワラ
14クロコスミア
15ベルーガ

 

 

2.総評

おおよそこの阪神牝馬Sに出てくる馬の狙いは、先のヴィクトリアマイル。そのヴィクトリアマイルでは、過去成績を見れば勝ち馬よりも試走に徹した馬が結果を残しているので、それぞれのローテーションはチェックしておきたいところです。

総合1位のラッキーライラックもそのイメージで、前走の中山記念は今後この馬が重賞戦線でもやれるか見極めるための一戦。ここはヴィクトリアマイルに向けての叩き台でしょう。中山記念の内容も復活を印象付ける2着で、しっかりと実力を見せてくれました。これで心身とも余裕もできたので、今回は無様な競馬はしないでしょうが、余力は残した仕上げになるでしょう。

アマルフィコーストの前走は粘走といっていいほど、展開を味方につけて粘りに粘っての3着。斤量は1キロ増えますが、3着しても人気になりそうにないので、引き続き穴としては面白そうです。賞金加算はしたいはずなので、仕上げてくると思われます。

微妙なのはサラキアで、今後のことを考えれば賞金加算はしたいところなので、他の有力馬よりは馬は作ってきそうです。戦績はマイルから中距離まで適性はありますが、使える末脚は短い印象なので阪神外回りはプラスにはならないでしょう。現に前走の京都金杯や3歳時のチューリップ賞で結果を残せていません。

他にここを叩き台としていそうなカンタービレレッドオルガあたりは人気にもなりそうなので、様子見でもいいかもしれません。