スポンサーリンク

【ニュージーランドT】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

ニュージーランドTの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ヴィッテルスバッハ
2カルリーノ
3ワイドファラオ
4ココフィーユ
5アガラス
6メイショウショウブ
7コスモカレンドゥラ
8カリボール
9ミッキーブラック
10グラナタス
11アフランシール
12ショーヒデキラ
13アンクルテイオウ
14ダイシンインディー
15エリーバラード
16ホープフルサイン

 

◆クラス成績

順位馬名
1カルリーノ
2アガラス
3メイショウショウブ
4ミッキーブラック
5コスモカレンドゥラ
6アフランシール
7アンクルテイオウ
8ココフィーユ
9エリーバラード
10カリボール
11グラナタス
12ショーヒデキラ
13ダイシンインディー
14ホープフルサイン
15ワイドファラオ
16ヴィッテルスバッハ

 

◆近走成績

順位馬名
1ワイドファラオ
2カリボール
3グラナタス
4ヴィッテルスバッハ
5メイショウショウブ
6アガラス
7ココフィーユ
8コスモカレンドゥラ
9アンクルテイオウ
10カルリーノ
11アフランシール
12ショーヒデキラ
13ミッキーブラック
14ダイシンインディー
15エリーバラード
16ホープフルサイン

 

 

2.総評

重賞で実績のある馬は少なく、500万下から勝ちあがってきた馬も多くみられるメンバー構成。桜花賞にも登録している馬もいるので、当日のメンバー構成でだいぶ予想も変わってきそうです。

そんな中で総合1位となったのが、ヴィッテルスバッハでこの馬は500万下勝ちあがりからの挑戦です。まだ4戦ですが、芝1600mは安定して走っており、中山は未勝利戦を勝った舞台でコース変わりも問題なさそうです。瞬発力勝負が向いている印象で馬場は乾いている方が向いているでしょう。

2番手のカルリーノは、すでに9戦していますが京王杯2歳Sで3着があるので、相手なりに走るタイプに見えます。ここ数戦は速い上がりを使いつつも、勝ち切れないレースが続いているので詰めの甘さも目立ちます。馬券においては軸よりも相手に押さえておくのがベターかもしれません。

実績上位のアガラスは、立て直してこれるのか気になりますが、前走のきさらぎ賞のメンバーのその後を見ると、負けても能力ありと考えた方がよさそうです。力があるのでスムーズな競馬ができるかがポイント。