スポンサーリンク

【毎日杯】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

毎日杯の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ランスオブプラーナ
2ヴァンドギャルド
3カリボール
4ケイデンスコール
5ウーリリ
6ルモンド
7キングオブコージ
8セントウル
9マイネルフラップ
10モズベッロ
11オールイズウェル
12アントリューズ
13ダノンテイオー
14アンタエウス
15コパノマーティン

 

◆クラス成績

順位馬名
1ランスオブプラーナ
2ヴァンドギャルド
3マイネルフラップ
4モズベッロ
5セントウル
6ルモンド
7ケイデンスコール
8アントリューズ
9コパノマーティン
10アンタエウス
11ウーリリ
12オールイズウェル
13カリボール
14キングオブコージ
15ダノンテイオー

 

◆近走成績

順位馬名
1アンタエウス
2ウーリリ
3ランスオブプラーナ
4カリボール
5ヴァンドギャルド
6ケイデンスコール
7セントウル
8オールイズウェル
9モズベッロ
10ルモンド
11マイネルフラップ
12アントリューズ
13キングオブコージ
14ダノンテイオー
15コパノマーティン

 

 

2.総評

近年は皐月賞よりはダービーやNHKマイルCの叩き台として使う馬が多い本レース。今年もその傾向は強そうです。

その中で1番手はランスオブプラーナです。2走前のきさらぎ賞では3着しましたが、当時は伏兵扱い。しかしながら、前走のアルメリア賞では逃げて他馬を完封と、きさらぎ賞での走りはフロックではなさそうです。間隔は詰まりますが、調子が維持出来ていればいい勝負をしてくれるのではないでしょうか。

総合2位のヴァンドギャルドは、先々を考えればここでなんとかしたところでしょう。瞬発力はありそうなので阪神の外回りは歓迎の口でしょうし、巻き返しもありそう。

ウーリリはマカヒキの下と血統は申し分ないですが、新馬勝ちからここを勝った馬が近年は見当たらないので、データ的にはハードルが高そうです。人気すると思われるだけに馬券の対象として見るかは悩みどころ。