スポンサーリンク

【日経賞】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

日経賞の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ルックトゥワイス
2エタリオウ
3ブラックバゴ
4チェスナットコート
5サクラアンプルール
6ゴーフォザサミット
7メイショウテッコン
8カフェブリッツ
9ハッピーグリン
10クリンチャー
11アクションスター
12サトノティターン
13グランアルマダ

 

◆クラス成績

順位馬名
1エタリオウ
2ルックトゥワイス
3ブラックバゴ
4クリンチャー
5ゴーフォザサミット
6メイショウテッコン
7チェスナットコート
8サクラアンプルール
9カフェブリッツ
10ハッピーグリン
11アクションスター
12グランアルマダ
13サトノティターン

 

◆近走成績

順位馬名
1エタリオウ
2ルックトゥワイス
3サトノティターン
4メイショウテッコン
5チェスナットコート
6カフェブリッツ
7サクラアンプルール
8ハッピーグリン
9ゴーフォザサミット
10ブラックバゴ
11クリンチャー
12アクションスター
13グランアルマダ

 

 

2.総評

今年の4歳世代の活躍を考えれば、ここも中心はエタリオウになりそうですが、個人的には使われつつ良くなる印象が強く、取りこぼす可能性はありそう。昨年は休み明けの神戸新聞杯を2着していますがフィエールマンの例しかり、差し馬は最後の詰めが甘くなりがちなので、注意は必要だと思います。

個人的には、順位も総合1位のルックトゥワイスを狙ってみたいです。前走のに日経新春杯ではグローリーヴェイズに最後は詰め寄っていたので、この走りができるならチャンスはあるでしょう。中山も2戦前に今回と同条件で勝利しているので、2走目となりますが、適性は問題ないと思います。力は出してくれるはずです。