スポンサーリンク

【スプリングS】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

スプリングSの登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ファンタジスト
2ディキシーナイト
3シークレットラン
4ヒシイグアス
5コスモカレンドゥラ
6リバーシブルレーン
7ユニコーンライオン
8クリノガウディー
9タガノディアマンテ
10エメラルファイト
11ニシノカツナリ
12ロジャーバローズ
13ゲバラ
14モズベッロ
15リーガルメイン
16アンクルテイオウ
17フィデリオグリーン
18キュアン
19カラテ

 

◆クラス成績

順位馬名
1ディキシーナイト
2ファンタジスト
3タガノディアマンテ
4コスモカレンドゥラ
5シークレットラン
6クリノガウディー
7エメラルファイト
8リーガルメイン
9ゲバラ
10アンクルテイオウ
11カラテ
12キュアン
13ニシノカツナリ
14ヒシイグアス
15フィデリオグリーン
16モズベッロ
17ユニコーンライオン
18リバーシブルレーン
19ロジャーバローズ

 

◆近走成績

順位馬名
1ヒシイグアス
2ファンタジスト
3リバーシブルレーン
4ロジャーバローズ
5コスモカレンドゥラ
6ニシノカツナリ
7シークレットラン
8ディキシーナイト
9ユニコーンライオン
10クリノガウディー
11モズベッロ
12リーガルメイン
13タガノディアマンテ
14アンクルテイオウ
15ゲバラ
16エメラルファイト
17キュアン
18カラテ
19フィデリオグリーン

 

 

2.総評

弥生賞が10頭立てだったのに対し、こちらは登録馬が19頭。

ファンタジスタ、クリノガウディと朝日杯FSで好走した2頭が出てきますが、お互いに距離に課題があるので、他陣営はチャンスありと見てこちらに集中したようにも見えます。

ファンタジスタは重賞勝ちも有り、本来ここでは優勝候補の最右翼のはずですが、距離が1600mに伸びた朝日杯FSで4着だったことを考えると、更なる距離延長は厳しいのではないでしょうか。当日、外枠を引くと更に難しいかもしれません。

同じようなことが言えるのがディキシーナイトで、未勝利戦は芝2000mで勝ってますが、近走は距離を詰めて結果が出ているので距離面の信頼度は低め。どちらも皐月賞はここでの結果次第でNHKマイルCとの両睨みですから、出来も完調ではないでしょう。

ならばここは、基本に立ち戻って皐月賞を目指して勝ちあがってきた馬を狙いたい。

そのなかで順位的に一番手はシークレットラン。前走の京成杯では1番人気ながらも4着でペースは違えど2走前より2秒以上タイムが遅いことに不満は残りますが、位置どりや馬体増を考えればまだ見限るのは早いでしょう。ある程度流れる展開の方が向くと仮定するならば、前に行きたい馬が多い今回はハマるかもしれません。

ヒシイグアスロジャーバローズも自己条件を好内容で勝ちあがってきたので、実績馬相手でもチャンスはあるでしょう。

近年では稀にみる拮抗したレースになりそうです。