スポンサーリンク

【阪神大賞典】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

阪神大賞典の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1アドマイヤエイカン
2コルコバード
3ソールインパクト
4リッジマン
5シャケトラ
6カフジプリンス
7ヴォージュ
8ケントオー
9ロードヴァンドール
10ステイインシアトル
11サイモンラムセス

 

◆クラス成績

順位馬名
1コルコバード
2リッジマン
3ソールインパクト
4カフジプリンス
5アドマイヤエイカン
6ケントオー
7ヴォージュ
8シャケトラ
9ステイインシアトル
10ロードヴァンドール
11サイモンラムセス

 

◆近走成績

順位馬名
1コルコバード
2アドマイヤエイカン
3ステイインシアトル
4ヴォージュ
5ソールインパクト
6カフジプリンス
7ケントオー
8リッジマン
9ロードヴァンドール
10サイモンラムセス
11シャケトラ

 

 

2.総評

ステイヤーといえるのはリッジマンとソールインパクトくらいで、あとはクラシックディスタンスが主戦場の馬ばかりなのは時代の流れなのでしょう。近年を振り返って見ても芝2400m以上の経験があれば問題はなく、ここに出てくるくらいなので距離適性はよっぽど出ない限り気にする必要はないのかもしれません。

意外にも総合1位はコルコバード。オープンに昇級するまでの安定した成績が数値に影響したところもありますが、戦績から2200m以下は短い印象。前走の愛知杯、前々走のエリザベス女王杯と重賞では結果が出ていませんが、着差も大きく負けておらずこの馬なりには走っているので、距離延長が良い結果をもたらしてくれるかもしれません。丹頂Sではリッジマンの2着に敗れていますが、斤量差は逆転するので穴としては魅力的だと思います。

アドマイヤエイカンは、ステイヤーズS2着が示す通りスタミナは豊富な馬で、長距離でも前走の万葉Sのようにどこかでスパートが必要な競馬ではなく、自ら早めに仕掛けるほうがいいタイプ。自分の競馬ができるかどうかがカギになるでしょう。

実績からいえば人気はシャケトラリッジマンの2頭で1番人気を争うことになるでしょうが、面白そうな馬も何頭かいるので今年は人気どおりにいくかどうか。少頭数ながら妙味はありそうです。