スポンサーリンク

【弥生賞】2019年 登録馬の能力比較

所感
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

弥生賞の登録馬の能力比較です。

 

 

1. 登録馬の能力比較

クラス成績や近走の調子などを数値化し、登録馬の能力を比較。

最終的には、馬場状態や枠、展開の有利不利を加味して総合的に勝ち馬を予想します。

 

 

◆総合

順位馬名
1ラストドラフト
2サトノラディウス
3ニシノデイジー
4ヴァンケドミンゴ
5シュヴァルツリーゼ
6カントル
7ブレイキングドーン
8メイショウテンゲン
9クリノガウディー
10ナイママ
11ラバストーン

 

◆クラス成績

順位馬名
1ラストドラフト
2ニシノデイジー
3ブレイキングドーン
4クリノガウディー
5カントル
6サトノラディウス
7シュヴァルツリーゼ
8ヴァンケドミンゴ
9メイショウテンゲン
10ナイママ
11ラバストーン

 

 

2.総評

3歳牡馬は、アドマイヤマーズが共同通信杯で2着に敗れるなど、2歳時に活躍した馬が勝ち切れないレースがちらほら見られ、実力は団子状態に見えます。能力や血統的にはサートゥルナーリアは頭一つ抜けていそうですが、皐月賞で一同会して走ってみるまで分かりません。ここでも朝日杯FSを2着したクリノガウディーやホープフルS3着のニシノデイジーが登録していますが、前走の結果をそのまま鵜呑みにしない方がよさそうです。

ただ、総合1位のラストドラフトは、京成杯を勝利し確実に力をつけていると思いますが、過去データでは京成杯勝ち馬が結果を残せていないので推しづらいです。それよりもカントルサトノラディウスのように権利に向けて着実に勝ち上がってきた馬の方を上に見た方が配当的にも妙味があるように思います。

頭数は少ないですが、予想としては結構どこからでも入れるレースになりそうです。

 

 

3.おまけ

3/3(日)の大宰府特別と大阪城Sの比較結果(上位3頭)を下記で公開中です。

ご参考までに。

 

3/3 小倉11R 大宰府特別

最強競馬ブログランキングへ

 

3/3 阪神11R 大阪城S

中央競馬ランキング