競馬を「考える」ブログ

【2018/1/10】愛知杯(GⅢ) 過去データと所感

2018/04/02
 
所感

訳あって今年の競馬初めは愛知杯です。

愛知杯は、一昨年から1月開催。2015年は開催されず、データは過去9年分になりますが、2010年と2011年は小倉開催のため注意が必要ですね。

今回、データは以下を取り上げ見ていきます。

 

 

 

1. 登録馬

アンドリエッテ 52.0
エテルナミノル 54.0
オートクレール 53.0
ギモーヴ 52.0
キンショーユキヒメ 53.0
クインズミラーグロ 54.0
クィーンチャーム 53.0
ゲッカコウ 54.0
コパノマリーン 51.0
サンタフェチーフ 53.0
シャルール 54.0
タニノアーバンシー 52.0
ハッピーユニバンス 52.0
ブラックオニキス 52.0
マキシマムドパリ 56.0
メイズオブオナー 50.0
リカビトス 51.0
リーサルウェポン 48.0
レイホーロマンス 51.0
レーヌドブリエ 51.0
ロッカフラベイビー 53.0
ワンブレスアウェイ 54.0

 

個人的に注目しているのは、キンショーユキヒメ

前走、JBCレディースクラシックを使ったのは疑問ですが、2走前の府中牝馬Sではメンバーのレベルを考えれば0.5秒差は頑張った方だと思います。

この時より相手関係が楽になることを考えれば、ここは狙い目です。

中京コースが3戦2勝なのも魅力です。

 

 

2. 人気・配当

愛知杯2017 過去データ

 

1番人気 2-1-1-5/9
2番人気 1-1-2-5/9
3番人気 0-0-2-7/9
4番人気 1-0-1-7/9
5番人気 0-1-0-8/9
6番人気 1-0-1-7/9
7番人気 1-1-0-7/9
8番人気 1-0-0-8/9
9番人気 0-1-0-8/9
10番人気 0-2-1-6/9
11番人気 0-0-0-9/9
12番人気 1-0-0-8/9
13番人気 0-0-1-8/9
14番人気 0-2-0-7/9
15番人気 0-0-0-9/9
16番人気 1-0-0-7/8
17番人気 0-0-0-7/7
18番人気 0-0-0-7/7

 

1番人気は2勝と2着が1回で信頼できないレース。

二桁人気でも連対するケースが見られるので、馬券はどこからでも入れそうです。

配当をみても、2013年が3連単\4,712,080と大荒れしたことが平均値を上げていますが、順当にはいかないようです。

 

 

3. 年齢別

3歳 0-2-1-27/30
4歳 5-3-6-34/48
5歳 3-3-1-42/49
6歳 1-1-1-17/20
7歳 0-0-0-9/9
8歳 0-0-0-1/1

 

12月開催だった2014年までは、4歳馬が中心。1月開催になった2016年以降は5歳馬が中心と、明け5歳馬が活躍する傾向にあります。

ただ昨年は、古馬よりも3歳馬(現4歳)が優勢の見方が強かったので、戦ってきた相手も注意して考えたいですね。

 

 

4. 前走距離・レース

3600m 0-0-0-1/1
2500m 0-0-0-1/1
2400m 1-0-0-1/2
2200m 4-3-4-32/43
2000m 2-2-2-37/43
1800m 2-1-1-18/22
1600m 0-3-2-38/43
1400m 0-0-0-2/2

 

2200mの成績が抜けていますが、このほとんどは前走がエリザベス女王杯でした。これだけ見ると格が重要視されそうですが、前走が秋華賞だった馬の成績は振わず、

 

 

秋華賞 0-0-0-9/9

 

 

エリザベス女王杯組以外は、左回りの巧拙や勢いを重視した方が良いかもしれません。

 

 

5. まとめ

これまでのデータで買いたいと思った馬は、

 

アンドリエッテ
オートクレール
ギモーヴ
キンショーユキヒメ
クインズミラーグロ
クィーンチャーム
ゲッカコウ
サンタフェチーフ
ハッピーユニバンス
マキシマムドパリ
メイズオブオナー
レイホーロマンス
レーヌドブリエ
ワンブレスアウェイ

 

まだまだ絞り切れていませんが、もう少し情報収集して最終判断したいと思います。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.