スポンサーリンク

【京都大賞典】2018年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。
京都大賞典の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

10月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11モンドインテロ牡656.0松山弘
22サトノダイヤモンド牡557.0川田将
33ブレスジャーニー牡456.0和田竜
44レッドジェノヴァ牝454.0池添謙
55アルバート牡757.0Jモレ
66ケントオー牡656.0小牧太
67プラチナムバレット牡456.0幸英明
78シュヴァルグラン牡658.0福永祐
79スマートレイアー牝855.0浜中俊
810[地]サンエイゴールド牡556.0山本聡
811ウインテンダネス牡557.0菱田裕

 

 

3. 馬場状態

引き続き、芝は良馬場。

時計は例年並みか、少しかかってる印象です。芝はパワーも必要かもしれません。

 

 

4. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:1頭

レッドジェノヴァ

 

差し:8頭

モンドインテロ

サトノダイヤモンド

アルバート

プラチナムバレット

シュヴァルグラン

スマートレイヤー

サンエイゴールド

ウインテンダネス

 

追込み:2頭

プレスジャーニー

ケントオー

 

逃げ馬はいませんが、枠とメンバーを考えればレッドジェノヴァが引っ張るかたちになるでしょう。このレースもスローペースになりそうです。

 

 

5. 短評・取捨選択

サトノダイヤモンド ◎

近走は結果が伴っていないものの、少しずつ良くなって来ているのは確かで、中間の気配も上々。これまでと違い、舞台も得意の距離でGⅠ馬もシュヴァルグランだけのメンバー構成。先のことよりもここは結果を出したい。

 

シュヴァルグラン ○

3歳、4歳世代は全体的に勢いを感じるものの、クラシックディスタンスから長距離戦は別。スローペースになりそうで瞬発力勝負は御免だが、想像しているよりも時計が速くないので地力で何とかなりそう。

 

アルバート ▲

GⅠでは相変わらず力が足りませんが、この距離でこのメンバーならまだチャンスはあるか。ジョッキーも乗りに乗っているので、勢いにあやかりたい。

 

スマートレイヤー ★

GⅠを勝てずに7歳になってしまいましたが、馬自身は元気そう。今年に入ってからは、レース内容を振り返ると長い距離のほうが走りやすそうな印象で、昨年も勝ってるレースなので距離やコースの不安はなし。

 

モンドインテロ △

芝にダート、中距離に長距離といろいろな条件で走ってきましたが、個人的には芝の中長距離が一番いいと思ってます。勝つのは難しいでしょうが、3着に紛れるくらいなら。

 

 

6. 買い目

印が人気サイドに偏っているので、買い方が難しいですが、応援の意味でサトノダイヤモンドの単勝とモンドインテロ相手のワイドを購入。

 

単勝:② 1,000円

ワイド:①‐② 500円

 

計:500円