スポンサーリンク

【キーンランドC】2018年 予想

予想 予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

キーンランドCの予想です。

 

 

1. 今月の収支

8月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11クリーンファンキー牝554.0武豊
12スターオブペルシャセ556.0内田博
23(地)ヒルノデイバロー牡756.0四位洋
24ペイシャフェリシタ牝554.0田辺裕
35ムーンクエイクセ558.0Cルメ
36レッツゴードンキ牝655.0岩田康
47ダノンスマッシュ牡353.0北村友
48デアレガーロ牝454.0横山典
59ティーハーフ牡856.0国分優
510キングハート牡557.0Sフォ
611ナックビーナス牝554.0Jモレ
612トゥラヴェスーラ牡353.0福永祐
713(外)キャンベルジュニア牡656.0Mデム
714タマモブリリアン牝554.0古川吉
815ユキノアイオロスセ1056.0丸山元
816オールインワン牡556.0戸崎圭

 

 

3. 馬場状態

札幌の天気予報は曇り。芝は稍重です。

ぐずぐずした空模様ですが、馬場傾向は土曜日と同じ見込みで先行有利。

時計もかかっているので、パワーは必要。

 

 

4. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:9頭

クリーンファンキー

スターオブペルシャ

ヒルノデイバロー

ダノンスマッシュ

デアレガーロ

ナックビーナス

キャンベルジュニア

タマモブリリアン

オールインワン

 

差し:6頭

ペイシャペリシタ

ムーンクエイク

レッツゴードンキ

キングハート

トゥラヴェスーラ

ユキノアイオロス

 

追込み:1頭

ティーハーフ

 

明確に逃げる馬はいませんが、オールインワンは外枠なので積極的に出てきそう。

前に行く馬は多いのでそれなりにペースは流れるでしょう。

速い流れに対応できる馬、中団より前で競馬ができる馬は要チェックです。

 

 

5. 短評・取捨選択

クリーンファンキー ◎

UHB杯はハンデに恵まれましたが、直線は鋭く伸びて優勝。

相手は強くなりますが、負かした馬も何頭か出てきており、混戦ムードの今回ならもういっちょがないか。

 

ムーンクエイク ○

秋のGⅠに向けてここから始動。

初の1200m、斤量、洋芝適正と不安はありますが、パワーとスピードを兼備している馬。

不安払拭していざG1へ。

 

ダノンスマッシュ ▲

これまでの敗因は距離かと感じさせる前走内容。

切れる印象が一変、パワーで押し切る競馬がいいのかもしれません。

能力開花なら頭まで。

 

ナックビーナス ★

騎手で人気しているきらいがあるものの、近走の内容から力があるのは確か。

ただ、前も書いた記憶があるが勝ちきれないキャラクター。

名手に替って最後のひと押しが効くか。

 

レッツゴードンキ △

実績は最上位ですが、勝ち切れていないのも事実。

人気を考えて印はここまで。

 

タマモブリリアン △

重賞ではパンチ不足ですが、前走のバーデンバーデンCを勝って調子は良さそう。

もとより洋芝適正の高い馬で、今年の函館SSでは5着。

穴で一考。

 

 

6. 買い目

本命の単複と3連複流しを購入。

 

単複:① 各1,000円

3連複1頭軸流し:①-⑤⑥⑦⑪⑭ 各100円

計:3,000円