スポンサーリンク

【宝塚記念】2018年 予想

予想 予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

宝塚記念の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

6月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11ステファノス牡758.0岩田康
12ノーブルマーズ牡558.0高倉稜
23サトノダイヤモンド牡558.0Cルメ
24ミッキーロケット牡558.0和田竜
35(外)ストロングタイタン牡558.0川田将
36アルバート牡758.0藤岡康
47パフォーマプロミス牡658.0戸崎圭
48ダンビュライト牡458.0武豊
59サトノクラウン牡658.0石橋脩
510ヴィブロス牝556.0福永祐
611サイモンラムセス牡858.0小牧太
612タツゴウゲキ牡658.0秋山真
713[外]ワーザーセ758.0Hボウ
714スマートレイアー牝856.0松山弘
815ゼーヴィント牡558.0池添謙
816キセキ牡458.0Mデム

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠1-0-4-10/15
2枠0-2-2-11/15
3枠0-1-1-15/17
4枠0-4-0-13/17
5枠0-3-0-15/18
6枠3-0-0-17/20
7枠0-0-2-18/20
8枠6-0-1-15/22

 

勝ち馬は6枠と8枠に集中。

コースデータとしては、内外の差はあまりない印象ですが、宝塚記念となると違うのでしょうか。

 

 

3-2. 人気・配当

宝塚記念の過去配当

1番人気2-4-2-2/10
2番人気2-1-1-6/10
3番人気1-1-2-6/10
4番人気0-0-1-9/10
5番人気1-2-0-7/10
6番人気2-0-1-7/10
7番人気0-0-0-10/10
8番人気2-0-1-7/10
9番人気0-1-0-9/10
10番人気0-1-0-9/10
11番人気0-0-2-8/10
12番人気0-0-0-8/8
13番人気0-0-0-7/7
14番人気0-0-0-7/7
15番人気0-0-0-5/5
16番人気0-0-0-5/5
17番人気0-0-0-2/2

 

1番人気の3着内率は80%ですが、勝止まりで伏兵の台頭が目立ちます。

それが配当を押し上げているようです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m4-4-3-32/43
3200m4-3-2-34/43
2400m1-0-0-2/3
2500m1-0-0-18/19
1600m0-2-4-12/18
2410m0-1-1-4/6
2200m0-0-0-1/1
3000m0-0-0-3/3
1800m0-0-0-8/8
天皇賞(春)4-3-2-34/43
金鯱賞2-1-2-9/14
鳴尾記念1-2-1-10/14
メトロポリタ1-0-0-0/1
大阪杯1-0-0-1/2
目黒記念1-0-0-16/17
ヴィクトリア0-2-3-5/10
ドバイシーマ0-1-1-4/6
QE2世C0-1-0-2/3
安田記念0-0-1-6/7

 

ここ最近だと、GⅠは天皇賞・春、他の重賞は鳴尾記念組の好走する傾向にあり。

他を見ても海外GⅠや大阪杯、目黒記念などの名前が上がっているので格は重要。

 

 

3-4. 年齢

3歳0-0-0-1/1
4歳3-2-6-38/49
5歳5-5-3-29/42
6歳2-3-1-20/26
7歳0-0-0-15/15
8歳0-0-0-9/9
9歳0-0-0-1/1
10歳0-0-0-1/1

 

高齢の馬がちらほら出てきますが、7歳以上は全く馬券になっておらずデータとしは厳しい内容。

中心は5歳でその後を4歳、6歳が追いかける。

 

 

4. 馬場状態

土曜日は日中の雨で不良馬場まで行きましたが、日曜日は晴れたので馬場は回復していくでしょう。

どこまで回復するかがポイントになりますが、良まで回復しても先週のような高速馬場にはなりそうにありません。

スピードに加え、パワーもある馬をチェックです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ノーブルマーズ

 

先行:5頭

ストロングタイタン

パフォーマプロミス

ダンビュライト

サイモンラムセス

タツゴウゲキ

 

差し:10頭

ステファノス

サトノダイヤモンド

ミッキーロケット

アルバート

サトノクラウン

ヴィブロス

ワーザー

スマートレイヤー

セーヴィント

キセキ

 

追込み:なし

 

ノーブルマーズが内を引いたので、スタートさえ出ればそのまま逃げるでしょう。

嗾けるとすればサイモンラムセスで、そうなればペースは流れるでしょう。

ペースはミドルペースを想定。

 

有力どころは後の馬が多く、直線も長くないので前残りにも警戒したい。

 

 

6. 短評・取捨選択

キセキ ◎

香港遠征後はパッとしませんが、菊花賞を制したように能力は高い。

気性の激しさが全面に出てきたことはネックですが、能力どおりならあっさり勝ってもおかしくない馬。

 

ゼーヴィント ○

8枠に入ったからではありませんが、穴ならこの馬か。

前2走は距離的な問題で、距離はこれくらいの方がいい。

中山や福島に良積が集中しているので阪神内回りにも対応可能でしょう。

 

ヴィブロス ▲

中間の出来はよく、この馬も能力どおりなら十分勝ち負け。

気になるのは、最近は久々の競馬は成績がよくないのと距離。

その分、印を下げる。

 

パフォーマプロミス ★

昇り馬の中では1番怖い。

前走の目黒記念は高速馬場で分が悪かったようですが、一度緩くなった今回の阪神なら他馬との差を詰めることができそう。

 

ダンビュライト △

今年のAJCCで初の重賞勝利も、一線級とはまだ力差がある印象。

馬場が悪いままで走ることができれば面白そうだが、乾きそうなので頭はないとみる。

 

ワーザー △

馬場が緩くなった以上、無視できない。

実力的にも今回のメンバーでは上位なので押えておく。

 

サトノダイヤモンド △

嫌々の押え。

重馬場のままならすっぱり消しですが、良まで回復するなら3着はありそう。

このレースでただ回ってくるような走りなら復活の道のりは遠い。

 

 

7. 買い目

上半期の総決算。

3連単を買ってみます。

 

三連単フォーメーション:

⑮⑯-⑦⑩⑮⑯-③⑦⑧⑩⑬⑮⑯ 各100円

計:3,000円