スポンサーリンク

【エプソムC】2018年 予想

予想 予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

エプソムCの予想です。

 

今回、購入は見送りです。

 

 

 

1. 今月の収支

6月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11ブラックスピネル牡556.0石川裕
12ベルキャニオン牡756.0石橋脩
23エアアンセム牡756.0藤岡佑
24トーセンマタコイヤ牡756.0柴田善
35グリュイエール牡656.0福永祐
36ハクサンルドルフ牡556.0川田将
47マイネルフロスト牡756.0柴田大
48サーブルオール牡556.0Cルメ
59スマートオーディン牡556.0武豊
510ダイワキャグニー牡456.0横山典
611シャイニープリンス牡856.0勝浦正
612マイネルミラノ牡858.0丹内祐
713アデイインザライフ牡756.0北村宏
714バーディーイーグル牡856.0三浦皇
815ゴールドサーベラス牡656.0大野拓
816サトノアーサー牡456.0戸崎圭

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠2-0-1-15/18
2枠1-1-3-13/18
3枠2-1-1-15/19
4枠1-3-1-15/20
5枠1-1-0-18/20
6枠2-1-1-16/20
7枠0-1-1-25/27
8枠1-2-2-23/28

 

2分すれば1~4枠の方に成績が偏っている印象。

差し・追込みはともかく前にいく馬はこの辺の枠がほしいところ。

 

 

3-2. 人気・配当

エプソムCの過去配当

1番人気4-4-0-2/10
2番人気3-1-1-5/10
3番人気0-3-1-6/10
4番人気2-1-1-6/10
5番人気1-0-0-9/10
6番人気0-1-2-7/10
7番人気0-0-1-9/10
8番人気0-0-1-9/10
9番人気0-0-1-9/10
10番人気0-0-0-10/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-0-1-9/10
13番人気0-0-0-10/10
14番人気0-0-0-9/9
15番人気0-0-1-7/8
16番人気0-0-0-8/8
17番人気0-0-0-8/8
18番人気0-0-0-7/7

 

1番人気の3着内率は80%と安定感抜群。2番人気でも50%と堅い印象のレースです。

二桁人気は過去10年で馬券になったのは2頭だけで、高目を狙うにしてもこのあたりは手を出しずらいです。

 

 

3-3. 前走距離・レース

1600m4-4-2-28/38
2000m3-2-5-43/53
1800m2-4-3-40/49
1400m1-0-0-9/10
1200m0-0-0-1/1
2100m0-0-0-1/1
2900m0-0-0-1/1
3600m0-0-0-1/1
2400m0-0-0-2/2
2200m0-0-0-4/4
2500m0-0-0-10/10
マイラーズC3-2-1-7/13
新潟大賞典2-1-4-28/35
都大路S2-0-2-12/16
産経大阪杯1-0-0-0/1
京王杯SC1-0-0-4/5
ヴィクトリア1-0-0-5/6
メイS0-2-0-22/24
中日新聞杯0-1-1-1/3
きぼう賞0-1-0-0/1
朱雀S0-1-0-0/1
Cマイル0-1-0-0/1
モンゴル大統0-1-0-3/4
中山記念0-0-1-0/1
小倉大賞典0-0-1-0/1

 

1600~2000mが中心で、それぞれマイラーズC、都大路S、新潟大賞典から参戦した馬の好走が目立ちます。

また、前走が重賞だった馬も多く参戦し、GⅢといえど格が問われるレースといえそうです。

 

 

3-4. 年齢

3歳0-0-0-1/1
4歳7-6-2-21/36
5歳2-2-1-38/43
6歳1-2-3-36/42
7歳0-0-3-26/29
8歳0-0-1-15/16
9歳0-0-0-2/2
10歳0-0-0-1/1

 

4歳馬が他を圧倒しています。

7歳以上は厳しい数字です。

 

 

4. 馬場状態

今朝の時点で芝は良発表ですが、天気は雨。

降水確率もずっと高いので、馬場は悪くなりそうです。

どこまで悪くなるかは雨量次第ですが、道悪を見越して予想するのが良いでしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

マイネルミラノ

 

先行:5頭

ブラックスピネル

ベルキャニオン

エアアンセム

グリュイエール

マイネルフロスト

 

差し:9頭

トーセンマタコイヤ

サーブルオール

スマートオーディン

ダイワギャグニー

シャイニープリンス

アデイインザライフ

バーディーイーグル

ゴールドサーベラス

サトノアーサー

 

追込み:なし

 

マイネルミラノが逃げそうです。

他に逃げ馬はいないのでスローな流れになるでしょう。

馬場が悪くなれば、瞬発力よりもパワーが求められるので、上位人気の馬のなかで精査が必要です。

 

 

6. 短評・取捨選択

ダイワギャグニー ◎

東京ではハイレベルだった昨年の毎日王冠と距離が合わなかった東京優駿を除けば、全て3着以内。

軸としてはもってこいの馬です。

前走のメイSで強さを再確認。重賞でも十分やれる力はあります。

馬場が渋っても、血統的にはそこまで不安視しなくて良いと考えています。

 

ハクサンルドルフ ○

昇級後は足踏みですが、常に速い上がりを使っているのであとは展開次第。

馬場が渋って他馬の脚が鈍るようなら、チャンスありと見ています。

 

サーブルオール ▲

1000万下、1600万下と連勝中。勢いはあります。

高速馬場でハービンジャー産駒は分が悪いですが、この馬も渋れば食い込めると思います。

 

アデイインザライフ ★

長期休養明けの2戦はいいろころなしですが、斤量が見込まれた感が強い。

一応、重賞ウイナー。別定で56キロならもっとやれてもいい。

 

バーディーイーグル △

昨年の5着馬。

リピーターの中では一番調子が良さそうなので印を回しておく。

 

トーセンマタコイヤ △

重賞に出走するようになっても大きくは負けていないので、今回面白そう。