スポンサーリンク

【安田記念】2018年 予想

予想 予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

安田記念の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

6月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名
11スワーヴリチャード
12サトノアレス
23(外)ダッシングブレイズ
24アエロリット
35ペルシアンナイト
36レーヌミノル
47[外]ウエスタンエクスプ
48(外)キャンベルジュニア
59レッドファルクス
510(外)モズアスコット
611リアルスティール
612ヒーズインラブ
713ブラックムーン
714リスグラシュー
815サングレーザー
816ウインガニオン

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠0-2-1-16/19
2枠2-1-3-13/19
3枠2-1-1-15/19
4枠0-0-1-18/19
5枠3-1-0-16/20
6枠0-2-2-16/20
7枠2-1-1-23/27
8枠1-2-1-25/29

 

3着内率トップは2枠の約31.5%。

4枠が3着1回のものの、全体的に枠の有利不利はあまりない印象です。

 

 

3-2. 人気・配当

安田記念の過去配当

1番人気4-1-0-5/10
2番人気2-1-0-7/10
3番人気0-2-2-6/10
4番人気0-0-0-10/10
5番人気0-2-1-7/10
6番人気0-1-1-8/10
7番人気1-0-0-9/10
8番人気2-1-0-7/10
9番人気1-0-1-8/10
10番人気0-0-2-8/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-0-2-8/10
13番人気0-1-0-8/9
14番人気0-0-0-9/9
15番人気0-0-1-8/9
16番人気0-1-0-8/9
17番人気0-0-0-9/9
18番人気0-0-0-7/7

 

1番人気は4勝、3着内率50%とまずまずの成績ですが、配当は3連単が常に万馬券と難しいレース。

勝ち馬は9番人気までですが、10番人気以下でも7頭が馬券になっており高配当を演出しているようです。

実力馬が多く集うので、不当に人気を落とす馬がいれば狙ってみるのもありかと思います。

 

 

3-3. 前走距離・レース

1600m5-4-7-79/95
1400m2-3-2-37/44
1800m2-1-0-8/11
1200m1-0-0-6/7
2000m0-2-1-9/12
2200m0-0-0-1/1
2500m0-0-0-1/1
3200m0-0-0-1/1
京王杯SC2-3-2-32/39
ダービーCT2-0-0-1/3
ヴィクトリア2-0-0-12/14
ドバイDF1-0-0-0/1
メイS1-0-0-1/2
NHKマイル1-0-0-2/3
高松宮記念1-0-0-5/6
産経大阪杯0-2-1-3/6
Cマイル0-2-0-15/17
マイラーズC0-1-7-34/42
マイルCS0-1-0-0/1
中山記念0-1-0-3/4

 

ローテーションは多種多様ですが、1400mや1600mを使ってきた馬が中心。

ステップレースとしてある程度の役割を果たしている京王杯SCや、GⅠではヴィクトリアマイルからの有力馬はチェックしておきたい。

 

一方で、マイラーズCからは出頭頭数が多い割に勝ち馬がいないのは気になる数値。

 

 

3-4. 年齢

3歳1-0-0-2/3
4歳2-2-1-25/30
5歳3-3-3-45/54
6歳4-2-5-38/49
7歳0-3-1-20/24
8歳0-0-0-11/11
9歳0-0-0-1/1

 

近年は6歳が健闘していますが、世代間で成績に大きな差はないようです。

7歳は勝ち星がないので、ヒモまでなら馬券対象としてはありだと思います。

 

 

4. 馬場状態

東京は高速馬場といわれて久しいですが、土曜日の様子だとまだその傾向はあるようです。

見た目には、直線の内から中ほどに傷みが目立ちますが、それでもまだ伸びるのか。

個人的には、馬場の良いところを走った馬のほうが差してきている印象なので、多少傾向に変化がありそうな気がしています。

 

もちろん、芝は良で出来るでしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ウインガニオン

 

先行:3頭

スワーヴリチャード

アエロリット

(外)キャンベルジュニア

 

差し:10頭

(外)ダッシングブレイズ

ペルシアンナイト

レーヌミノル

[外]ウエスタンエクスプ

レッドファルクス

(外)モズアスコット

リアルスティール

ヒーズインラブ

リスグラシュー

サングレーザー

 

追込み:2頭

サトノアレス

ブラックムーン

 

他に行く馬がいないならウインガニオンがハナを切りそう。

アエロリットは最近前に馬を置いての競馬なので、無理には行かないと思います。

隊列がすんなり決まればペースは落ち着きそうです。

 

ペースはスローペースを想定しています。

 

 

6. 短評・取捨選択

サトノアレス ◎

前哨戦の京王杯SCは3着でしたが、叩き台なので数字にはこだわらなくていいでしょう。

東京も1600mも得意の舞台なので、ベストパフォーマンスが出せるはず。

あとはスタートと位置取りだけ。

 

スワーヴリチャード ○

課題はご存じのとおりマイルに対応できるか。

ペースが速くなったとき脆さがでそうで怖いですが、そこまで前に行く馬が少ないのでマイルのスピードに付いてはいけそう。

自身、左回りの方がよいですし、位置取りも柔軟に対応できるので大きく崩れることはないのでは。

 

リスグラシュー ▲

高速決着には向かないことは承知してますが、それでも勢いのある今なら、まだ十分チャンスはあると考えています。

 

ペルシアンナイト ★

昨年のマイルCS覇者なので、本当ならこの馬が主役になってもいいはずですが、血統的に高速馬場に向いていない点が嫌われている模様。

ただ、スローペースの瞬発力勝負になれば無視できない存在なので、人気上位を一気食いする可能性はある。

 

アエロリット △

展開的には一番向いてそうで、イメージは昨年、一昨年のロゴタイプ。

この馬の場合、前に馬を置いてのかたちになるでしょうが、直線しぶとさを発揮できればチャンス。

 

 

リアルスティール △

ドバイターフの覇者だけあって能力と実績はピカイチ。

問題はスワーヴリチャードと同じく距離適性ですが、違うのは馬の走る気が最後まで続くかどうか。

矢作厩舎なので2年前と同じ轍は踏まないと思うのですが。

 

 

7. 買い目

このレースも本命から各馬に3連複で流します。

 

3連複1頭軸流し:②-①④⑤⑪⑭ 各100円

計:1,000円