スポンサーリンク

【NHKマイル】2018年 予想

予想 予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

NHKマイルの予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

5月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11カツジ牡357.0松山弘
12ファストアプローチ牡357.0蛯名正
23テトラドラクマ牝355.0田辺裕
24フロンティア牡357.0内田博
35プリモシーン牝355.0戸崎圭
36(外)リョーノテソーロ牡357.0吉田隼
47タワーオブロンドン牡357.0Cルメ
48ダノンスマッシュ牡357.0北村友
59ギベオン牡357.0Mデム
510パクスアメリカーナ牡357.0川田将
611ケイアイノーテック牡357.0藤岡佑
612アンコールプリュ牝355.0藤岡康
713ルーカス牡357.0Hボウ
714(外)デルタバローズ牡357.0石橋脩
715カシアス牡357.0浜中俊
816(外)ミスターメロディ牡357.0福永祐
817レッドヴェイロン牡357.0岩田康
818ロックディスタウン牝355.0池添謙

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠0-2-2-16/20
2枠2-0-1-17/20
3枠1-2-1-16/20
4枠2-0-0-18/20
5枠2-1-1-16/20
6枠0-0-3-17/20
7枠2-2-1-25/30
8枠1-3-1-25/30

 

3着内率は1・3・5枠が並んでトップですが、数字を見る限りは枠による有利不利はないようです。

 

 

3-2. 人気・配当

NHKマイルの過去配当

1番人気6-0-0-4/10
2番人気1-2-1-6/10
3番人気1-2-1-6/10
4番人気0-1-1-8/10
5番人気0-2-0-8/10
6番人気0-1-1-8/10
7番人気0-0-0-10/10
8番人気0-0-1-9/10
9番人気0-0-0-10/10
10番人気2-0-0-8/10
11番人気0-0-0-10/10
12番人気0-0-2-8/10
13番人気0-1-1-8/10
14番人気0-0-1-9/10
15番人気0-0-1-9/10
16番人気0-0-0-10/10
17番人気0-1-0-9/10
18番人気0-0-0-10/10

 

1番人気の3着内率は60%とまずます。

高配当のインパクトが強いですが、2~3番人気も40%と仕事はしてないことはない。

 

問題は相手探しになりそうで、7~9番人気より思い切って10番人気以下からチョイスするのがポイントか。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m1-2-4-17/24
1800m2-4-1-15/22
1600m7-2-4-76/89
1400m0-2-0-35/37
1200m0-0-1-7/8
NZT4-1-4-55/64
毎日杯2-1-0-7/10
桜花賞2-0-0-10/12
皐月賞1-2-2-15/20
アーリントン1-0-0-3/4
スプリングS0-2-1-4/7
橘ステークス0-1-1-14/16
アネモネS0-1-0-0/1
フラワーC0-1-0-1/2
ファルコンS0-1-0-9/10
京成杯0-0-1-0/1
報知杯弥生賞0-0-1-1/2

 

1600m以下だった馬の好走例は少なく、前哨戦のファルコンS組は苦戦傾向。

NZT組が4勝していますが、安定感がいま一つなので皐月賞や桜花賞、毎日杯組に食指が動きます。

 

 

4. 馬場状態

日曜日も芝は良馬場で出来そう。

馬場傾向としては、先行有利で道中のポジション取りが鍵になりそうです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:8頭

カツジ

テトラドラクマ

フロンティア

パスクアメリカーナ

デルタバローズ

カシアス

ミスターメロディ

レッドヴェイロン

 

 

差し:8頭

ファストアプローチ

リョーノテソーロ

タワーオブロンドン

ダノンスマッシュ

ギベオン

ケイアイノーテック

ルーカス

ロックディスタウン

 

追込み:2頭

プリモシーン

アンコールプリュ

 

カシアス、ミスターメロディあたりが積極的に前にでる可能性はありますが、どちらも何が何でもという馬ではないです。

出たなりにレースを進めそうで、ペースはスローを想定。

 

隊列は団子になりそうな雰囲気で、それなら内で詰まるより外の動ける方がいいかもしれません。

 

 

6. 短評・取捨選択

ギベオン ◎

タワーオブロンドン、カツジに実績は見劣るものの初の重賞挑戦だった毎日杯では2着と能力は高そう。

1600mよりも長いところを使われている点も好感が持てる。

 

タワーオブロンドン ○

久々のアーリントンCを快勝。朝日杯FS3着は伊達ではありません。

距離に多少不安はありますが、人気でもメンバーを考えれば馬券圏外は考えにくい。

 

レッドヴェイロン ▲

兄弟にクラレントやレッドアリオンなど、NHKマイルで好走している血統背景が魅力。

最近、乗ってきた岩田Jの勢いも借りて上位進出がないか。

 

カツジ △

NZTで接戦を制し、重賞初制覇。

距離はこれくらいがちょうど良さそうで、相手なりに走るイメージ。

 

プリモシーン △

桜花賞は相手が悪かっただけで、フェアリーS勝ちがあるように力はある。

3走前の未勝利戦ではテトラドラクマに勝っているので、メンバー中の牝馬の中では一番能力がありそう。

 

デルタバローズ △

NZT3着ですが、他の馬に隠れて人気はなし。

2走前の京成杯の敗因を距離と仮定すれば、まだ底は見せてないのでは。

 

 

7. 買い目

印は結構堅めになったので、ここはデルタバローズの複勝1点で勝負。

 

複勝:⑭ 1,000円

計:1,000円