競馬を「考える」ブログ

【天皇賞(春)】2018年 予想

 
予想

こんにちは。たいらーです。

天皇賞(春)の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

4月の収支

 

青葉賞的中で、回収率100%越えまで持ってこれました。

あとは、引くか押すか。

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ミッキーロケット 牡5 58.0 和田竜
1 2 チェスナットコート 牡4 58.0 蛯名正
2 3 シホウ 牡7 58.0 浜中俊
2 4 カレンミロティック セ10 58.0 池添謙
3 5 ヤマカツライデン 牡6 58.0 松山弘
3 6 ガンコ 牡5 58.0 藤岡佑
4 7 ピンポン 牡8 58.0 宮崎北
4 8 クリンチャー 牡4 58.0 三浦皇
5 9 ソールインパクト 牡6 58.0 福永祐
5 10 サトノクロニクル 牡4 58.0 川田将
6 11 シュヴァルグラン 牡6 58.0 Hボウ
6 12 レインボーライン 牡5 58.0 岩田康
7 13 トウシンモンステラ 牡8 58.0 国分恭
7 14 アルバート 牡7 58.0 Cルメ
8 15 トーセンバジル 牡6 58.0 Mデム
8 16 スマートレイアー 牝8 56.0 四位洋
8 17 トミケンスラーヴァ 牡8 58.0 秋山真

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 5-1-1-12/19
2枠 1-2-2-14/19
3枠 1-1-1-17/20
4枠 1-0-1-18/20
5枠 0-1-0-19/20
6枠 1-1-2-16/20
7枠 0-2-1-24/27
8枠 1-2-2-24/29

 

好調なのが1枠で、3着内率は70%。

他に3着内率で成績が良いのは、2枠と8枠で50%です。

 

内と外の馬には注目したいです。

 

3-2. 人気・配当

天皇賞(春)の過去配当

1番人気 1-0-1-8/10
2番人気 4-1-2-3/10
3番人気 1-4-1-4/10
4番人気 1-3-0-6/10
5番人気 0-0-2-8/10
6番人気 0-0-1-9/10
7番人気 1-1-0-8/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-0-0-10/10
10番人気 0-0-1-9/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 1-0-1-8/10
13番人気 0-1-0-9/10
14番人気 1-0-0-9/10
15番人気 0-0-0-9/9
16番人気 0-0-1-8/9
17番人気 0-0-0-9/9
18番人気 0-0-0-7/7

 

昨年はキタサンブラックの連覇で、堅い決着になりましたが、荒れ傾向のレースです。

1番人気の信頼度は低く、3着内率は20%。

今年は、昨年に比べてメンバーレベルが低く、どの馬も課題を抱えているので、1番人気でも過信は禁物です。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m 3-3-3-16/25
2500m 3-3-2-40/48
3000m 3-2-4-48/57
2200m 1-1-0-6/8
3400m 0-1-0-12/13
2400m 0-0-1-21/22
3100m 0-0-0-1/1

日経賞 3-3-2-44/52
阪神大賞典 3-2-4-48/57
産経大阪杯 2-3-2-10/17
京都記念 1-1-0-3/5
大阪杯 1-0-0-0/1
ダイヤモンド 0-1-0-12/13
ドバイWC 0-0-1-1/2
大―ハンC 0-0-1-14/15

 

王道ローテの阪神大賞典と日経賞組が中心。

大阪杯の2勝はキタサンブラック、京都記念は5年前のトーセンラー以降は馬券になっていないので、この2レースを中心に考えてよいでしょう。

 

 

3-4. 年齢

4歳 3-1-5-35/44
5歳 4-5-1-39/49
6歳 3-2-2-26/33
7歳 0-1-2-19/22
8歳 0-1-0-15/16
9歳 0-0-0-4/4
10歳 0-0-0-5/5
11歳 0-0-0-1/1

 

4歳から6歳で成績には差がなく、7歳以上から年齢を重ねるごとに厳しくなります。

 

 

4. 馬場状態

芝は良馬場。

芝の状態は良好で芝丈も長くなっています。

土曜日の傾向だと先行有利で、上がり勝負というよりは多少力のいる馬場のようです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ヤマカツライデン

 

先行:4頭

カレンミロティック

ガンコ

クリンチャー

サトノクロニクル

 

差し:11頭

ミッキーロケット

チェスナットコート

シホウ

ソールインパクト

シュヴァルグラン

レインボーライン

トーシンモンステラ

アルバート

トーセンバジル

スマートレイヤー

トミケンスラーヴァ

 

追込み:1頭

ピンポン

 

ヤマカツライデンが離して逃げる見込み。

カレンミロティックやガンコはこれを見ながらになるでしょうか。

皐月賞と同じく前と後ろの集団でペースが異なる展開になりそうです。

 

第二グループはスローペースになるでしょうから、好位につけられる馬、ロングスパートを仕掛けてもへばらない馬が良いでしょう。

 

 

6. 短評・取捨選択

サトノクロニクル ◎

菊花賞は馬場に泣きましたが、阪神大賞典の内容だと距離は問題なし。

切れるタイプではないので、今回の馬場も合ってます。あとは仕掛けどころ一つ。

 

シュヴァルグラン ○

本来は確勝級なのかもしれませんが、目を曇らせるのは大阪杯の結果。

負けすぎな気もしますが、叩き台と割り切ってこの評価です。

キタサンブラックやサトノダイヤモンドと好勝負してきた馬ですし、得意舞台なら少なくとも馬券圏外はないでしょう。

 

アルバート ▲

7歳になり、能力の衰えは感じつつも、このメンバーならと考えてしまう。

阪神大賞典では4着でしたが、最後は伸びていたので、スタミナ勝負に傾倒しそうな今回は狙ってみたい。

 

ガンコ △

好調ですが、使い詰めが気になります。

中長距離を中心に使われているので、反動が怖い。

 

クリンチャー △

乗り替わりが気になりますが、近走の結果を考えればここは得意な舞台。

スピード勝負にならないので、チャンスはあると思います。

 

レインボーライン △

前走、久々の重賞勝利。

GⅠ常連なので力はありますが、個人的には距離は少し長いと思います。

スタミナが要求される今回、いつものような脚を最後使えるかがポイント。

 

 

7. 買い目

本命の単複と、欲張って馬連を購入。

 

単複:⑩ 各1,000円

馬連:⑩‐⑪⑭ 各500円

計:3,000円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.