スポンサーリンク

【青葉賞】2018年 予想

予想 予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

青葉賞の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

4月の収支

 

4月も今週がラスト。

当てたい。

 

 

2. 出走馬

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11カフジバンガード牡356.0古川吉
12ユウセイフラッシュ牡356.0三浦皇
23スズカテイオー牡356.0田辺裕
24ダブルフラット牡356.0戸崎圭
35マイネルサリューエ牡356.0松岡正
36ディープインラヴ牡356.0岩田康
47ミッキーポジション牡356.0横山典
48オブセッション牡356.0Cルメ
59ゴーフォザサミット牡356.0蛯名正
510スーパーフェザー牡356.0福永祐
611トラストケンシン牡356.0柴田大
612ダノンマジェスティ牡356.0内田博
713ノストラダムス牡356.0和田竜
714テトラルキア牡356.0柴田善
715エタリオウ牡356.0石橋脩
816クレディブル牡356.0大野拓
817モンテグロッソ牡356.0北村宏
818サトノソルタス牡356.0Mデム

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 1-2-0-15/18
2枠 1-2-0-15/18
3枠 2-1-1-14/18
4枠 2-1-1-15/19
5枠 1-1-3-15/20
6枠 1-2-0-17/20
7枠 1-1-2-22/26
8枠 1-0-3-23/27

 

枠の有利・不利はなくフラットと考えて良さそうです。

 

 

3-2. 人気・配当

青葉賞の過去配当

1番人気 5-1-2-2/10
2番人気 1-1-1-7/10
3番人気 0-0-1-9/10
4番人気 1-3-1-5/10
5番人気 0-1-1-8/10
6番人気 1-0-2-7/10
7番人気 1-2-0-7/10
8番人気 0-0-1-9/10
9番人気 0-1-0-9/10
10番人気 1-1-0-8/10
11番人気 0-0-0-10/10
12番人気 0-0-0-10/10
13番人気 0-0-1-8/9
14番人気 0-0-0-8/8
15番人気 0-0-0-8/8
16番人気 0-0-0-8/8
17番人気 0-0-0-7/7
18番人気 0-0-0-6/6

 

1番人気の3着内率は、80%と高め。

今年は、弥生賞で大敗したオブセッションが人気を集めそうなので、どこまで信頼して良いのやら。

ここ3年の配当は、比較的堅い結果になっていますが、絶対的な軸馬はいないので多少振り回してもいかも。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2600m 0-0-0-1/1
2400m 3-0-4-20/27
2300m 0-0-0-2/2
2200m 2-7-4-25/38
2000m 3-2-1-29/35
1800m 2-1-1-54/58
1700m 0-0-0-1/1
1600m 0-0-0-3/3
1400m 0-0-0-1/1

アザレア賞 3-0-1-4/8
報知杯弥生賞 2-1-0-4/7
毎日杯 2-0-1-7/10
山吹賞 1-2-1-14/18
水仙賞 1-0-0-6/7
若葉S 1-0-0-9/10
大寒桜賞 0-3-2-1/6
すみれS 0-1-1-3/5
スプリングS 0-1-0-15/16
ゆりかもめ賞 0-0-1-1/2
ゆきやなぎ賞 0-0-1-6/7

 

本レースの2400mに近い距離の馬が好成績を残しています。

2000m以上の実績は重視したほうがいいでしょう。

 

アザレア賞や山吹賞から参戦した馬も結果を残しているので、500万下でもチャンスあり。

ただし、新馬・未勝利勝ちの馬は荷が重いでしょう。

 

 

4. 馬場状態

今朝の発表では、芝は良。

先週の印象だと、差しも効いており、思ったほどスピードを要求される馬場ではないようです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

ダブルフラット

 

先行:4頭

スズカテイオー

マイネルサリューエ

ディープインラヴ

ノストラダムス

 

差し:10頭

カフジバンガード

ユウセイフラッシュ

ミッキーポジション

オブセッション

ゴーフォザサミット

スーパーフェザー

ダノンマジェスティ

テトラルキア

エタリオウ

モンテグロッソ

サトノソルタス

 

追込み:2頭

トラストケンシン

クレディブル

 

ダブルフラットが逃げると思いますが、積極的にハナに立つタイプではないのでスローは濃厚。

上がりの勝負になるでしょう。

 

 

6. 短評・取捨選択

ゴーフォザサミット ◎

共同通信杯は位置取りが不味く4着でしたが、本来は東京向きの馬。

スプリングSで権利を逃したのも中山が向いていなかったのだと思います。

東京替わりで巻き返しを期待。

 

トラストケンシン ○

同じ舞台を経験しているのが強み。

弥生賞では6着でしたが、速い上がりを使えていたので、この馬も東京に変わればもっと走りそう。

 

スーパーフェザー ▲

2走前では、皐月賞馬のエポカドーロに0.6秒差と力負けの印象ですが、前走の勝ちっぷりは良かった。

相手関係を考えても、ここは勝負できる。

 

オブセッション △

あの不可解な弥生賞からどれだけ立て直したかが鍵。

個人的にはまだ、若さを拭えない印象なのでこの評価。

 

ノストラダムス △

毎日杯4着は、少頭数だったこともあってスムーズに運べたのが良かった。

2000m前後を使われているのも好印象で、好位に付けられればしぶとそう。

 

サトノソルタス △

共同通信杯からなので、間隔が空いたのが気になりますが重賞2着馬なので力は持っているのでしょう。

あとは、具合と距離延長がポイント。

 

 

7. 買い目

本命の単勝1点。

 

単勝:⑨ 900円

計:900円