競馬を「考える」ブログ

【Fレビュー】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

フィリーズレビューの予想です。

 

新聞や他の方も書かれているように、桜花賞トライアルというよりは、短距離路線で活躍できそうな馬を発掘するレースという意味で注目です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

3月の収支

 

資金不足です。

このままだと高松宮杯まで持ちそうにないので、購入は見送りです。

まぁ、当てろって話なんですが。

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 アンヴァル 牝3 54.0 藤岡佑
1 2 デルニエオール 牝3 54.0 岩田康
2 3 マドモアゼル 牝3 54.0 松田大
2 4 レッドシャーロット 牝3 54.0 横山典
3 5 イサチルルンルン 牝3 54.0 国分恭
3 6 アマルフィコースト 牝3 54.0 浜中俊
4 7 (外)モルトアレグロ 牝3 54.0 田辺裕
4 8 ビリーバー 牝3 54.0 杉原誠
5 9 アンコールプリュ 牝3 54.0 藤岡康
5 10 リバティハイツ 牝3 54.0 北村友
6 11 ナディア 牝3 54.0 鮫島克
6 12 [地]スウォナーレ 牝3 54.0 大山真
7 13 メイショウコゴミ 牝3 54.0 秋山真
7 14 アルモニカ 牝3 54.0 川田将
7 15 コーディエライト 牝3 54.0 和田竜
8 16 ギンコイエレジー 牝3 54.0 古川吉
8 17 ラブカンプー 牝3 54.0 松山弘
8 18 アリア 牝3 54.0 丸山元

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 2-2-0-16/20
2枠 2-0-2-16/20
3枠 1-2-1-16/20
4枠 2-0-1-17/20
5枠 0-1-2-17/20
6枠 1-1-0-18/20
7枠 0-3-3-17/23
8枠 2-1-1-19/23

 

枠番の差はあまり感じられません。

先行したい馬は内に入った方がいいくらいでしょうか。

 

 

3-2. 人気・配当

Fレビューの過去配当

 

1番人気 2-3-0-5/10
2番人気 2-0-2-6/10
3番人気 2-1-0-7/10
4番人気 0-1-1-8/10
5番人気 0-0-2-8/10
6番人気 1-1-2-6/10
7番人気 0-2-1-7/10
8番人気 1-1-0-8/10
9番人気 1-0-0-9/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 1-0-1-8/10
12番人気 0-0-0-10/10
13番人気 0-1-0-9/10
14番人気 0-0-0-10/10
15番人気 0-0-1-9/10
16番人気 0-0-0-10/10
17番人気 0-0-0-3/3
18番人気 0-0-0-3/3

 

昨年は配当が落ち着きましたが、高配当になることも多いレース。

かといって、1~3番人気で6勝。5人気以下からも勝ち馬が出てきているのあたり、取捨選択の難しさがあります。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2000m 0-0-0-1/1
1700m 0-0-0-1/1
1600m 8-7-7-62/84
1500m 0-0-0-1/1
1400m 2-3-3-45/53
1200m 0-0-0-26/26

 

勝率、3着内率で1600mが優勢。

1200m組の成績がダメなのは、ある程度スタミナが求められているということでしょう。

 

前走レースは、阪神JF、エルフィンS、クイーンCと重賞やオープン特別だった馬に良績が集中しています。

素直に地力を評価したほうが良さそう。

 

阪神JF 2-3-4-17/26

エルフィンS 2-1-1-14/18

クイーンC 1-1-1-14/17

 

 

4. 馬場状態

土曜日の芝は稍重でしたが、今朝の発表は良。

先行・差しの有利不利はなく、展開次第でどの馬もチャンスがあるでしょう。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

コーディエライト

ラブカンプー

 

先行:7頭

アンヴァル

マドモアゼル

(外)モルトアレグロ

ビリーバー

メイショウコゴミ

アルモニカ

ギンコイエレジー

差し:9頭

デルニエオール

レッドシャーロット

イサチルルンルン

アマルフィコースト

アンコールプリュ

リバティハイツ

ナディア

[地]スウォナーレ

アリア

 

追込み:なし

 

ラブカンプー、コーディエライトが逃げる展開。

人気馬で前にいく馬も多いので、ペースは流れるでしょう。

 

スタミナがありそうな差し馬が狙い目。

 

 

6. 短評・取捨選択

※印を回した馬のみの短評です。

リバティハイツ ◎

500万下の身ですが、安定した末脚が魅力。

当時、デルニエールより評価は高かったわけで、人気が落ちる今回は狙い目。

 

モルトアレグロ ○

桜花賞よりは、ここを目標にしてきた印象で、実際に阪神JF5着が示す通り1600mだと距離は少し長い。

 

コーディエライト ▲

阪神JFは惨敗でしたが、相手が強かった。

相手は少し楽になり、1400mで見直したい。

 

デルニオール △

血統を考えれば長い方が良さそうですが、前走は同じ距離で勝利。

アッシュゴールドの例もあるので問題なし。

 

アマルフィコースト △

ファンタジーSは人気を裏切る形になりましたが、能力は引けを取らないと考えます。

あとは、当日のテンションだけ。

 

アリア △

タフな中京を最速上がりで勝った前走を評価。

2歳の時は、函館2歳Sで牡馬相手に3着しているので、力はあるはず。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.