競馬を「考える」ブログ

【弥生賞】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

弥生賞の予想です。

 

 

 

 

1. 今月の収支

土曜日は、残念な結果になってしまいました。

弥生賞で巻き返したい。

 

3月の収支

 

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 オブセッション 牡3 56.0 Cルメ
2 2 アラウン 牡3 56.0 Fミナ
3 3 (外)ジャンダルム 牡3 56.0 武豊
4 4 リビーリング 牡3 56.0 戸崎圭
5 5 ヘヴィータンク 牡3 56.0 野中悠
6 6 アサクサスポット 牡3 56.0 武藤雅
7 7 トラストケンシン 牡3 56.0 内田博
7 8 ワグネリアン 牡3 56.0 福永祐
8 9 ダノンプレミアム 牡3 56.0 川田将
8 10 サンリヴァル 牡3 56.0 藤岡佑

 

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 1-0-1-9/11
2枠 1-2-2-7/12
3枠 1-2-3-6/12
4枠 1-1-3-9/14
5枠 0-1-1-15/17
6枠 2-0-0-17/19
7枠 1-4-0-15/20
8枠 3-0-0-17/20

 

内外の有利不利はなさそう。

8枠が3勝してますが、2・3着がなし。

 

 

3-2. 人気・配当

弥生賞の過去配当

 

1番人気 5-2-0-3/10
2番人気 3-1-2-4/10
3番人気 0-1-1-8/10
4番人気 0-2-0-8/10
5番人気 0-1-3-6/10
6番人気 1-0-0-9/10
7番人気 0-1-3-6/10
8番人気 0-1-0-9/10
9番人気 1-0-0-9/10
10番人気 0-1-1-8/10
11番人気 0-0-0-9/9
12番人気 0-0-0-7/7
13番人気 0-0-0-4/4
14番人気 0-0-0-2/2
15番人気 0-0-0-2/2
16番人気 0-0-0-1/1

 

配当は、イメージしたよりも堅い決着は少なく、思わぬ伏兵が勝ちをさらうケースもあり。

ただし、メンバーが揃った場合は話は別で、2016年のマカヒキ、リオンディーズ、エアスピネルの一戦は記憶に新しい。

 

今年も似たような構図で、高配当は期待薄かもしれません。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2400m 0-0-0-2/2
2200m 0-0-0-1/1
2000m 6-3-3-37/49
1800m 3-3-2-33/41
1600m 1-4-5-17/27
1500m 0-0-0-1/1
1400m 0-0-0-3/3
1200m 0-0-0-1/1

 

前走距離は2000mが抜けた成績を残しています。

なかでもラジオNIKKEI杯、若駒Sを経由した馬が2勝ずつですが、今年は該当馬なし。

 

勝ち数は、次いで1800m。

ここは共同通信杯、きさらぎ賞、東スポ杯2歳Sが1勝づつ。

 

1600mは、ほぼ朝日杯の成績です。

 

前出した以外にホープフルSやシクラメン賞を経由してきた馬など、2勝馬が出てきているので1勝馬は厳しい戦いになりそうです。

 

ラジNIK杯 2-2-0-6/10

若駒S 2-1-0-2/5

朝日杯FS 1-3-3-5/12

共同通信杯 1-0-1-6/8

東スポ2歳S 1-0-0-1/2

きさらぎ賞 0-1-1-7/9

 

 

4. 馬場状態

オーシャンSを見ていると、内から2~3頭目の部分がだいぶ荒れているようで、直線の脚に影響しているようです。

 

天気は問題ないので、芝は良でできます。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:なし

 

先行:3頭

リビーリング

ダノンプレミアム

サンリヴァル

 

差し:6頭

オブセッション

アラウン

ジャンダルム

アサクサスポット

トラストケンシン

ワグネリアン

 

初出走:1頭

ヘヴィータンク

 

サンリヴァルの前走は、煽られた結果逃げたかたち。逃げるにしてもマイペースで運びたいでしょう。

ダノンプレミアムも先行力があるので、サンリヴァルとリビーリングがマークする隊列になれば、ペースはそこまで速くならないと考えます。

 

ペースはスローペースを想定しています。

 

 

6. 短評・取捨選択

オブセッション △

今回の3強の一角で、これまでの2走からスケールの大きさを感じます。

他の2騎と違い、ここで結果を残さないとクラシックが厳しくなるので本気度は高いでしょう。

 

ただ、レースぶりを見てると、エンジンのかかりが遅いタイプで、中山では割引が必要な馬です。

 

アラウン

500万下を勝ちあぐねているので、買えない。

 

(外)ジャンダルム △

ホープフルSを2着しましたが、距離はぎりぎり2000mまで。本質はマイラーです。

デイリー杯2歳Sで使った脚を使えるかは疑問で、前走より相手がワンランクアップしますから頭は厳しそう。

 

リビーリング △

相手はともかく、ここ2走の内容は悪くない。前残りを警戒。

 

ヘヴィータンク

初出走でこのメンバーなので、特に書くことはないです。厳しいでしょう。

 

アサクサスポット

新馬戦勝ちの1勝馬なので未知な部分が多いですが、センスはありそう。

ただ、やはり相手が揃っているので、今後を知るためのレースになるでしょう。

 

トラストケンシン

勝ち上がりに4戦かかりましたが、毎度いい脚を使っています。

ただし、重賞となると力不足は否めない。

 

ワグネリアン ◎

ヘンリーバローズ、ルーカスと負かしてきた相手を見れば、クラシック候補という意味ではダノンプレミアムよりこちらが上か。

 

ダノンプレミアム ▲

改めて書くまでもなく朝日杯FSの内容は圧巻。ワグネリアン、オブセッションより前で競馬ができるのもプラスです。

距離は持つと思いますが、延長自体が歓迎となるかは半信半疑。

 

サンリヴァル ○

前走のホープフルSは不運にも他馬に突っつかれてハイペースに巻き込まれました。

それで4着なので、心肺機能は高いものを持っているのでしょう。

 

舞台も同じでマイペースに行けそうなメンバー構成なら狙ってみたい。

7. 買い目

さすがにワグネリアン、ダノンプレミアムで買ってしまうと馬券としては妙味なし。

一応、工夫して下記のように買うことにします。

 

馬連:⑧-⑩ 500円

ワイド:⑧-⑩ 1,000円

三連単フォーメーション:⑧-⑨⑩-①③④⑨⑩ 各100円

 

計:2,300円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.