競馬を「考える」ブログ

【京都牝馬S】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

京都牝馬Sは2016年に条件変わり。
データも乏しいので、申し訳ないですが予想だけです。

馬券購入も見送りです。

 

 

 

 

1. 馬場状態

土曜日の京都は午前中に雨がぱらつくことがありましたが、概ね良好。

芝も良発表なので、このままいくでしょう。

 

 

2. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:2頭

アリンナ

ワンスインナムーン

 

先行:6頭

ソルヴェイグ

ヴィゼットジョリー

タマモブリリアン

デアレガーロ

エンジェルフェイス

エスティタート

 

差し:4頭

オーヴィレール

ミスエルテ

サザナミ

ミスパンテール

 

追込:なし

 

どちらかといえば、アリンナがハナに拘る方か。

ワンスインナムーンは控えてもOKだが、強力な先行馬も多く、それぞれが出していけばペースは速くなりそう。

 

外回りコースでもあるので、差し馬は十分に差し込むチャンスがある。

 

 

3. 短評・取捨選択

オーヴィレール

元々オープンクラスにいた馬で能力はそこそこありそう。

前走も0.1秒差まで迫っての2着と、力をしめしたものの、勝ちきれない詰めの甘さは相変わらず。

 

ワンスインナムーン

スプリンターズS3着馬なので、ここでも能力は上位争い可能だが、海外遠征帰りが気になる。

ましてや大敗しているので、重い印は打てない。

 

ソルヴェイグ ○

前走は案外も、出来は良いとの言葉を信頼。実績や昨年の秋の成績を考えれば、まだまだ見限れぬ。

 

ミスエルテ △

近走の着順は悪いが、そこまで大きく負けない競馬が続いており、いつかどこかでを感じさせる馬。

きっかけ待ち。

 

ヴゼットジョリー

前走の秋華賞は距離が長かったか。

阪神JFを5着しているように、元々はマイル前後が適正距離。能力はこの馬もありそうですが、久々は割引が必要。

 

アリンナ

この馬も久々の分、厳しい戦いになりそう。

 

サザナミ

ターコイズSは0.4秒差と大きく負けてはおらず、人気ほどの力差は感じない。

 

ミスパンテール ◎

前走で初の重賞制覇。本格化してきた今は勢いに任せてヴィクトリアマイルまで行きたいところ。

本番まで間隔はあるので、GⅠを目指すなら、ここは負けられない。

 

タマモブリリアン

可もなく不可もなく、常に差のない競馬はしていますが、重賞では厳しい。

 

デアレガーロ ▲

前走の勝ち方は見事で、重賞でも通用しそうな内容でした。もちろん相手も強くなりますが、年明け4歳なら楽しみの方が多い。

 

エンジェルフェイス △

長期休養明けの前走を逃げ切り勝ち。

そもそも重賞ウィナーなので、力通りなら好勝負は可能。

 

エスティタート

前走は最速上がりで2着。クラスは違いますが、同条件となる今回はチャンスがあるか。

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.