スポンサーリンク

【京成杯】2019年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

京成杯の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

1月の収支

 

先週は3戦1勝で回収率は73.3%でした。

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量
11カイザースクルーン牡356.0
22ヒンドゥタイムズ牡356.0
33クリスタルバローズ牡356.0
44マードレヴォイス牡356.0
55ランフォザローゼス牡356.0
56カテドラル牡356.0
67ラストドラフト牡356.0
68カフジジュピター牡356.0
79シークレットラン牡356.0
710[地]ナイママ牡356.0
811リーガルメイン牡356.0
812ダノンラスター牡356.0

 

3. 馬場状態

土曜日の発表では、芝は良。含水率はゴール前で11.5%、4コーナーでは10.3%で4コーナーの数値は金曜日より下がっていますが、馬場状態に大きな変化はなさそうです。

ということは、まだある程度スピードは求められそうで、速い上がりは使えた方が良いでしょう。

 

 

4. 短評・取捨選択

シークレットラン ◎

前走の葉牡丹賞を含め、中山は2戦2勝。その葉牡丹賞ではレコードを記録するなど、スピードはいいものを持っているようです。父がダンカークと地味な印象ですが、素直に前走の力を信じたいと思います。

 

ランフォザローゼス ○

前走の葉牡丹賞はシークレットランの2着に甘んじましたが、血統のスケールとしてはこちらが上。前走の感じだと、まだ力を持て余している感がありますが、コントロールが効けば優勝候補。

 

ヒンドゥタイムズ ▲

新馬勝ちは、データ的には近年結果がでていませんが、あっさり勝ったあたりは素質は良いものを持ってそうです。速い上がりも使えているので、内で脚を溜めることができればチャンスあり。

 

ナイママ ★

東京スポーツ杯2歳Sは直線で置いてかれてしまいましたが、瞬発力勝負に屈したかたち。札幌2歳Sではニシノデイジーの2着があるので力はあります。東京よりは、中山のようにコーナーが4つある方がいいでしょう。

 

カイザースクルーン △

前走の葉牡丹賞は人気の割に今一つの結果。ただ、血統的には母アイスフォーリスが中山で2着を量産しているので、コース適性は高いものがありそうです。1枠1番をどう使うか、騎手の判断に委ねられます。

 

 

5. 買い目

本命の単勝を購入。

 

単勝:⑨ 1,000円

 

計:1,000円

 

 

6. おまけ

以下のレースの本命&穴馬の予想を公開しています。

ご参考までに。

 

京都11R 淀短距離S

最強競馬ブログランキングへ