スポンサーリンク

【中日新聞杯】2018年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

中日新聞杯の予想です。

尚、体力温存のため、このレースの購入は見送ります。

 

 

 

1. 今月の収支

12月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11エンジニア牡554北村宏
22アメリカズカップ牡456松山弘
33グレイル牡355津村明
34エテルナミノル牝554四位洋
45マサハヤドリーム牡655北村友
46ハクサンルドルフ牡555藤岡康
57ギベオン牡356Cデム
58ドレッドノータスセ556中谷雄
69(地)レイホーロマンス牝551丸山元
610(地)ショウナンバッハ牡754鮫島克
711メートルダール牡557福永祐
712(外)ストロングタイタン牡557Bアヴ
813(地)スズカディープセ653岩崎翼
814マイスタイル牡456田中勝

 

 

3. 馬場状態

先週の時計は、阪神や中山と同じように速い印象。

馬場は良馬場でできそうで、傷みもまだ少ない状態なら先週の傾向を引き継ぐでしょう。脚質の偏りはありませんが、上がりより位置どりが重要になりそうです。

 

 

4. 短評・取捨選択

エンジニア ◎

オープンクラス昇級後、重賞でも差のない競馬が続いているのは好感が持てます。前走のアルゼンチン共和国杯は0.5秒差の5着。前々の競馬で上手く運べましたが、最後は切れ負け。このあたりは距離が影響したのかもしれません。元々は1600から2000mで結果を残している馬なので、2000mに変わるのは歓迎。

 

マイスタイル ○

降級の憂き目にあっても、4歳になって確実に力を付けてきており、前走の福島記念では2着。そろそろ重賞タイトルが欲しいところです。今回は同型もおらず、自分のペースで運べると思われ、しぶとさを発揮できそう。

 

ハクサンルドルフ ▲

2000mは少し長く、時計もかかった方がいいのは承知していますが、常に追い込んでくるので、その脚には警戒。位置どりが気になりますが、騎手が変わってどうなるか。

 

グレイル ★

前走の菊花賞は距離の問題か10着。2歳のときに京都2歳S勝ちがあり、前々走のセントライト記念も3着と中距離の方がいいのかもしれません。この馬も位置どりが気になりますが、この先もうひとつ上を狙うなら新味が欲しいところです。

 

ギベオン △

前走のセントライト記念の惨敗は不可解なところが多く、再度信頼するには抵抗があります。それでも能力的に高い馬が多い3歳世代でNHKマイルC2着馬。印は回しておきます。