【エリザベス女王杯】2018年 予想

予想
スポンサーリンク

こんにちは。たいらーです。

エリザベス女王杯の予想です。

 

 

 

1. 今月の収支

11月の収支

 

 

2. 出走馬

馬名性齢斤量騎手
11ハッピーユニバンス牝656.0松若風
12フロンテアクイーン牝556.0蛯名正
23(地)レイホーロマンス牝556.0福永祐
24プリメラアスール牝656.0幸英明
35レッドジェノヴァ牝456.0池添謙
36アドマイヤリード牝556.0藤岡康
47モズカッチャン牝456.0Mデム
48カンタービレ牝354.0Cデム
59クロコスミア牝556.0岩田康
510ヴァフラーム牝656.0川又賢
611スマートレイアー牝856.0武豊
612リスグラシュー牝456.0Jモレ
713ノームコア牝354.0Cルメ
714ワンブレスアウェイ牝556.0津村明
815エテルナミノル牝556.0四位洋
816コルコバード牝556.0浜中俊
817ミスパンテール牝456.0横山典

 

 

3. 馬場状態

土曜日は、芝が稍重スタートでしたが、天気も回復し日曜日は良。

やや時計がかかりつつも、瞬発力が求められる印象。内外の差もなく展開次第でどの馬にもチャンスあり。

 

 

4. 短評・取捨選択

コルコバード ◎

GⅠはおろか重賞の実績もなし。メンバーを見渡せば実績馬だらけで出番なしと一度は思いましたが、その実績馬たちも不安材料のある馬が多く、付け入る隙はある。距離もこれぐらいがいい。前走の丹頂Sの感じだと持久力もありそうで、尚且つ末も切れるなら初となる京都も問題ないでしょう。

 

ノームコア ○

体調が整わないということで秋華賞は回避。意地の悪い見かたをすれば、見事な使い分と感じてしまいますが、鞍上の勢いには逆らえない。紫苑Sを勝ったことで、能力的にも3歳の上位にいることは確か。

 

レッドジェノヴァ ▲

前走の京都大賞典は展開に恵まれた感があったとしても、牡馬相手に2着は立派。上がりも使えるので、好位から差す競馬を。

 

リスグラシュー ★

今年の活躍は目を見張るものの、GⅠにはなかなか届かない。距離のベストはマイルから中距離で、2200mは少し長い。昨年のような惨敗はないでしょうが、頭まではどうか。

 

モズカッチャン △

調整にひと頓挫あった影響はなさそうですが、一度使ってから良くなるタイプだけに人気ほど信用はできない。なんだかんだで今年勝利がないのも気になる。

 

カンタービレ △

前走の秋華賞は、打って変わって後方からの競馬で3着。脚質に幅が出てきたことは成長の証でしょう。ただし、更に200m長くなるのは歓迎できず、上がり目もどこまであるか微妙なところ。

 

 

5. 買い目

本命からの3連複でもそこそこ配当は見込める算段。

 

3連複1頭軸流し:⑯-⑤⑦⑧⑫⑬ 各100円

計:1,000円