競馬を「考える」ブログ

【共同通信杯(GⅢ)】2018年 予想

2018/04/02
 
予想

こんにちは。たいらーです。

共同通信杯の予想をしたいと思います。

 

先週のきさらぎ賞もそうでしたが、歴代の好走馬にはビックネームがずらり。

こちらもクラシックに向けて登竜門となるレースです。

 

 

 

1. 今月の収支

現在の残金は、以下のとおりです。

今週は3重賞ありますが、すべて勝負するかは悩みどころです。

フェブラリーSの軍資金が稼げれば。

 

2月の収支

 

2. 出走馬

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 サトノソルタス 牡3 56 Rムーア
2 2 カフジバンガード 牡3 56 内田博幸
3 3 (外)アメリカンワールド 牡3 56 浜中俊
4 4 エイムアンドエンド 牡3 56 Fミナリク
5 5 コスモイグナーツ 牡3 56 柴田大知
5 6 オウケンムーン 牡3 56 北村宏司
6 7 ブラゾンダムール 牡3 56 横山典弘
6 8 トッカータ 牡3 56 丸田恭介
7 9 ステイフーリッシュ 牡3 56 中谷雄太
7 10 ゴーフォザサミット 牡3 56 田辺裕信
8 11 [地]リュウノユキナ 牡3 56 吉原寛人
8 12 グレイル 牡3 57 武豊

 

3. 過去データ

3-1. 枠番

1枠 2-1-0-8/11
2枠 1-3-0-8/12
3枠 2-1-1-9/13
4枠 1-0-4-10/15
5枠 2-1-1-12/16
6枠 1-1-1-15/18
7枠 1-2-2-15/20
8枠 0-1-1-18/20

あまり数字の偏りはないですが、まん中より外に行くほど信頼度は低下。

8枠に入ったグレイルはどうか。

 

 

 

3-2. 人気・配当

共同通信杯 過去配当

 

1番人気 2-2-2-4/10
2番人気 2-3-1-4/10
3番人気 3-1-2-4/10
4番人気 1-0-1-8/10
5番人気 0-2-1-7/10
6番人気 2-2-0-6/10
7番人気 0-0-0-10/10
8番人気 0-0-0-10/10
9番人気 0-0-2-8/10
10番人気 0-0-0-10/10
11番人気 0-0-1-7/8
12番人気 0-0-0-6/6
13番人気 0-0-0-5/5
14番人気 0-0-0-3/3
15番人気 0-0-0-2/2
16番人気 0-0-0-1/1

 

1番人気は、勝率が20%、3着内率が60%。

2番人気と3番人気も数字的には引けをとっておらず、3着内率はどちらも60%です。

 

上位人気は、複軸としては信頼できそう。

連軸なら、3番人気か。

 

 

3-3. 前走距離・レース

2400m 0-0-0-1/1
2200m 0-0-0-1/1
2000m 4-4-6-45/59
1800m 4-3-2-20/29
1600m 2-3-2-25/32
1500m 0-0-0-1/1
1400m 0-0-0-1/1
1000m 0-0-0-1/1

 

前走距離は、1600から2000mだった馬が中心。

ホープフルSや東京スポーツ2歳Sから参戦した馬も、ある程度結果を残しているので、レース間隔は神経質にならなくてもよさそうです。

ただ、前走が重賞やオープン特別だった馬が好走するケースが多いので、格は重要視したほうがいいでしょう。

 

ホープフルS 1-2-2-6/11

東京スポーツ2歳S 2-1-1-2/6

 

 

新馬勝ちでの優勝は、ここ10年ではリアルスティールのみ。

新馬勝ち馬は素質をよく見定める必要あり。

 

この時点で以下の馬は、消しです。

 

アメリカンワールド

エイムアンドエンド

ブラゾンダムール

トッカータ

リュウノユキナ

 

 

3-4. 年齢

このレースは全馬3歳なので、特に書くことはないですね。

 

 

4. 馬場状態

金曜日の時点で芝は良の発表でしたが、土曜日が生憎の雨。

予報では夜中も降り続くので、稍重か重スタートになりそうです。

 

日中にどれだけ回復するかですが、馬場を気にしない馬がいれば、馬券に組み入れたいところです。

 

 

5. 展開・ペース

脚質を競馬新聞やネットの情報をもとに、独断で分類しました。

 

逃げ:1頭

コスモイグナーツ

 

先行:6頭

サトノソルタス

アメリカンワールド

エイムアンドエンド

オウケンムーン

ブラゾンダムール

トッカータ

 

差し:5頭

カフジバンガード

ステイフーリッシュ

ゴーフォザサミット

リュウノユキナ

グレイル

 

追込:なし

 

このメンバーならコスモイグナーツがハナを取るでしょう。

人気のサトノソルタスやゴーフォザサミットは、グレイルより前、ステイフーリッシュは後ろの位置取りに。

 

コスモが引き離しての、先団を引き付けるよう逃げができれば、ある程度ペースは流れそうですが・・・。

ペースはスローペースを想定しています。

 

 

6. 短評・取捨選択

 

サトノソルタス  △

新馬戦で負かしたダークナイトムーンは、その後に未勝利を卒業。セントポーリア賞は、1番人気で4着と3歳500万下くらいはクリアできそうな器。

この馬も、それくらいの力はありそうでが、相手が揃ったので3着まででは。

 

カフジバンガード △

東京スポーツ2歳Sは4着、前走のシンザン記念が5着と、重賞ではもう一息ですが、戦ってきた相手は強い。

馬体が戻って、上位の一角が崩れるようなら、こちらも3着はありそう。

 

(外)アメリカンワールド

未勝利勝ちの身では、今回の相手はしんどい。

 

エイムアンドエンド

前走は、ハイペースの京成杯で先行して10着と潰れました。あの内容では、ここは難しい。

 

コスモイグナーツ

この馬も、前走の京成杯を果敢に逃げて11着。前走よりは、ゆったり逃げれそうで、馬場が緩くなるのも歓迎。

それでも、どこまで差を埋められるかは疑問。

 

オウケンムーン △

オーケンブルースリの仔と、マイナーな血統ですが、父に似てか末脚はいいものを持っています。

未勝利、500万下と着実に勝ち上がってきたのも好感が持てます。

頭はなくとも、この馬も3着なら。

 

ブラゾンダムール

陣営としは、黄菊賞は勝っておきたかったでしょうね。

新馬勝ちした東京に戻りますが、出番は順番待ちな気がします。

 

トッカータ

500万下を勝ちあぐねている現状を考えれば、厳しいでしょう。

 

ステイフーリッシュ ◎

ホープフルSでは、直線よく伸びて3着。能力的にはタイムフライヤーやジャンダルムに引けを取らないでしょう。

1勝馬なので、ここは必勝態勢。

 

ゴーフォザサミット ○

負かしたナスノシンフォニーが、ホープフルSを5着なので、この馬も今の3歳オープンなら通用可能。

東京コースを経験しているという点では、グレイルよりこちらに利があるので、前走と同じような競馬ができれば、勝ちも見えてくると考えます。

 

[地]リュウノユキナ

1200mを中心に使ってきただけに、一気の距離延長がどうか。

個人的には、NHKマイルCに向けて駒を進めれるようなら楽しみ。

 

グレイル ▲

ハーツクライ産駒で馬格もあるので、杞憂に終わるかもしれませんが、直線の坂に対応できるかが鍵になりそう。あの末脚が2戦とも京都なのが気になりました。

 

それ以外は、戦績が示す通り上位には変わりなし。

 

 

7. 買い目

グレイルが絡むと、どうしてもオッズが付かない。

それよりもまずは当てないといけないんですけど・・・。

 

本命・対抗でも5倍前後付くので、ワイドを購入。

 

ワイド:⑨-⑩ 1,000円

 

 

ご清聴ありがとうございました。

メルマガ登録して頂くと、ブログ更新をお知らせします。
登録は無料なのでご安心ください。

またのお越しをお待ちしております。

Copyright© うまのいえ , 2018 All Rights Reserved.